Rchr
J-GLOBAL ID:200901077771592741   Update date: Jun. 18, 2020

Tani Asuka

タニ アスカ | Tani Asuka
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Home economics, lifestyle science
Research keywords  (3): 被服衛生 ,  生活科学 ,  繊維材料
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2020 - 2023 災害時および避難時において安全・快適な衣生活を営むための衛生学的研究
  • 2020 - 2023 安心・安全を実現する蓄光布の災害を想定した視界不良時における視認性に関する研究
  • 2017 - 2020 安全・快適を実現するスマートテキスタイルの創製
  • 2017 - 2019 Excellent visibility and persistence with new phosphorescent materials. Creating light-sensitive garments for the safety of the socially disadvantaged
  • 2013 - 2017 Clothing hygiene studies on supporting the health and comfortable clothing life of senior generation
Show all
Papers (21):
  • 香りがファッションイメージに与える影響. 甲南女子大学 研究紀要. 2020. 56. 145-157
  • 谷明日香, 竹本由美子, 小野寺美和. 蓄光布のりん光がヒトの生理・心理反応に及ぼす効果. 被服衛生学. 2020. 39. 2-8
  • 竹本由美子, 小野寺美和, 谷明日香. 蓄光布を用いた高視認性衣服の創製に向けて. 被服材料学部会部会報. 2019. 34. 9-14
  • 谷明日香. 卵殻膜・リン脂質同時加工布の機能性評価に関する研究. 繊維製品消費科学. 2019. 60. 11. 1011-1015
  • 竹本由美子,, 小野寺美和, 谷明日香. 高視認性素材を用いた取り組みと課題. 武庫川女子大学生活環境学研究誌. 2019. 7. 28-33
more...
Books (1):
  • 生活文化玉手箱シリーズ6編みの造形への挑戦
    (有)ブックポケット 2015
Lectures and oral presentations  (40):
  • 災害時の高視認性安全服の役割〜蓄光布の光がヒトに与える影響〜
    (第38回日本家政学会被服衛生学部会夏季セミナー 2019)
  • 日本人女性における加齢に伴う温冷覚感受性の変化
    (日本家政学会第71回大会 2019)
  • 蓄光布の光が人間の心理反応に及ぼす影響
    (日本家政学会第71回大会 2019)
  • 災害時の高視認性安全服の役割と蓄光素材布を用いた衣服設計
    (日本家政学会被服心理学部部会 公開春季セミナー 2019)
  • 日本人女性の温冷覚感受性
    (日本衣服学会 2018)
more...
Education (3):
  • 2015 - 2019 Kyoto Women's University Home Economics
  • 2003 - 2005 Nara Women's University
  • 1999 - 2003 Mukogawa Women's University Department of Human Environmental Sciences
Professional career (3):
  • 博士(学術) (京都女子大学)
  • 修士(生活環境学) (奈良女子大学)
  • 学士(生活環境学) (武庫川女子大学)
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 Shitennoji University
  • 2012/04 - 2019/03 Shitennoji University The Department of Life Navigation
  • 2010/07 - 2012/03 専門学校神戸カレッジ・オブ・ファッション 講師
  • 2010/04 - 2012/03 上田安子服飾専門学校 非常勤講師
  • 2010/04 - 2012/03 Shitennoji University Junior College
Show all
Committee career (6):
  • 2019/04 - 現在 日本家政学会被服衛生学部会 企画
  • 2016/12 - 現在 日本家政学会関西支部 若手の会
  • 2019/04 - 2020/03 日本繊維製品消費科学会 2019年年次大会研究発表会 実行委員
  • 2015/10 - 2017/01 日本家政学会被服衛生学部会 第35回被服衛生学セミナー実行委員
  • 2015/06 - 2015/10 武庫川女子大学付属総合ミュージアム 秋季展実行委員
Show all
Awards (2):
  • 2019/06 - 日本繊維製品消費科学会 学会賞 奨励賞受賞 卵殻膜・リン脂質ポリマー同時加工布に関する研究
  • 2013/10 - 東北生活文化大学 平成25年度研究奨励賞 視認性の高い運針時の布と糸との配色効果
Association Membership(s) (3):
JAPANESE ASSOCIATION FOR CLOTHING STUDIES ,  THE JAPAN RESEARCH ASSOCIATION FOR TEXTILE END-USES ,  THE JAPAN SOCIETY OF HOME ECONOMICS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page