Rchr
J-GLOBAL ID:200901079082934379   Update date: Sep. 28, 2021

Kobayashi Kenichi

コバヤシ ケンイチ | Kobayashi Kenichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~atamadai/
Research field  (3): Museology ,  Cultural properties ,  Archaeology
Research keywords  (4): Prehistory ,  radiocarbon dating ,  Science of Cultural Property ,  Archaeology
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2020 - 2025 Applied radiocarbon dating to pottery type chronology and cultivated plants
  • 2019 - 2025 Ecological history of the appearance of earthenware in Eurasia
  • 2019 - 2022 Development of dating method and expansion of measurable historical data
  • 2018 - 2022 高精度14C年代測定にもとづく先史時代の人類活動と古環境の総合的研究
  • 2018 - 2022 Study of Organization of dating and Process of Cultural Historical Reconstruction in East Asia in the Neolithic period
Show all
Papers (110):
  • 小林謙一. 新潟県干溝遺跡出土土器付着物の炭素14年代測定研究-縄紋時代早・前期を中心に-. 人文研紀要. 2021. 98
  • 小林謙一. 荒海貝塚の年代測定 中央トレンチと南北トレンチ18I区出土土器付着炭化物の分析. 国立歴史民俗博物館研究報告. 2021. 227. 399-406
  • 小林謙一. Analysis of Charred Materials on Potsherds by Means of Table Isotope Analysis in the Early Jomon Period. Journal of Faculty of Letters. 2021. 66. 1-38
  • 小林謙一, 佐々木由香, 小林尚子, 中山真治, 坂本稔ほか. 清水が丘遺跡の研究. 新府中市史研究 武蔵府中を考える. 2021. 3. 7-30
  • 小林謙一. 徳島県矢野遺跡出土土器付着物の炭素14年代測定研究-縄紋時代後期前半を中心に-. 人文研紀要. 2020. 96. 183-206
more...
MISC (66):
  • 小林謙一. 縄文時代 炭素14年代測定による縄文時代の見直し. 最新科学で探る日本史. 2021. 30-31
  • 小林謙一. 大学の考古学実習 中央大学の考古学実習. 考古学ジャーナル. 2021. 751. 32-33
  • 小林謙一. 大学の考古学実習 中央大学の考古学実習. 考古学ジャーナル. 2021. 751. 32-33
  • 小林謙一. 取掛西貝塚の炭素14年代測定に基づく年代的考察. 千葉県船橋市取掛西貝塚総括報告書-東京湾東岸部最古の貝塚-. 2021
  • 小林謙一. 縄文草創期の年代. 季刊考古学・別冊. 2020. 32. 9-13
more...
Books (54):
  • 最新科学で探る日本史
    宝島社 2021
  • 中央大学文学部考古学研究室 2020年度活動報告 遺跡出土資料の整理作業 2020年度の概要
    中央大学文学部 2021
  • 国立歴史民俗博物館研究叢書 8樹木・木材と年代研究
    朝倉書店 2021
  • 武蔵野市井の頭遺跡群 武蔵野市埋蔵文化財調査報告集13
    武蔵野市教育委員会 2021
  • 池上悟先生古希記念論文集 芙蓉峰の考古学II
    縄紋遺跡出土土器の数量把握の試み 2020
more...
Lectures and oral presentations  (47):
  • 神奈川県大日野原遺跡における縄文中・後期の昆虫および種子圧痕
    (日本文化財科学会第38回大会 2021)
  • 縄紋中期土器文様装飾時におけるダイズの意図的混和例
    (日本考古学協会第87回総会 2021)
  • 中部高地の脂質分析-縄文時代前期から後・晩期にかけて-
    (日本考古学協会第86回総会研究発表 2020)
  • 愛媛県上黒岩第2岩陰遺跡における縄紋早期集積骨葬の調査
    (日本考古学協会第85回総会研究発表 2019)
  • 縄紋土器付着炭化物の同位体分析の検討-縄紋前期におけるC4植物の調理痕跡の可能性-
    (日本文化財科学会第35回大会 2018)
more...
Works (5):
  • 大日野原遺跡・滝坂遺跡・上黒岩第2岩陰2015年度発掘調査の概要
    2016 - 2016
  • おびのっぱら 大日野原遺跡2014年度発掘調査の概要
    2015 - 2015
  • 滝坂遺跡2014年度発掘調査の概要
    2015 - 2015
  • 東京都内縄文中期集落遺跡データベース
    2009 - 2009
  • 国立歴史民俗博物館館蔵縄文時代資料データベース
    2008 - 2008
Education (3):
  • 2001 - 2004 the graduate university fpr advanced studies Department of Japanese History
  • 2001 - 2004 the graduate university fpr advanced studies Department of Japanese History
  • 1979 - 1983 Keio University archaeology
Professional career (2):
  • 文学修士 (慶應義塾大学)
  • 博士(文学) (総合研究大学院大学(総研大))
Work history (19):
  • 2018/04/01 - 早稲田大学文学学術院兼任講師
  • 2018/04/01 - 駒澤大学文学部兼任講師
  • 2014/04/01 - 2017/03/31 AOYAMA university
  • 2011/04/01 - 2017/03/31 rissyo univ
  • 2010/04/01 - 2017/03/31 komazawa univercity
Show all
Awards (4):
  • 2011/10 - 日本植生史学会 第一回日本植生史学会論文賞 栃木県小山市寺野東遺跡から出土した縄文時代後・晩期の木組遺構の高精度年代測定
  • 2008/06/15 - 日本文化財科学会 日本文化財科学会第25回研究発表会ポスターセッション賞 日本産樹木年輪試料の炭素14年代を用いた弥生時代後期から古墳時代初期の暦年較正
  • 2004/03/24 - 総合研究大学院大学 長倉研究奨励賞 炭素14年代測定にもとづく関東地方縄文中期文化の研究
  • 2004/03/24 - 総合研究大学院大学 総合研究大学院大学研究賞 炭素14年代測定にもとづく関東地方縄文中期文化の研究
Association Membership(s) (4):
中央史学会 ,  Japanese archaeological association ,  考古学研究会 ,  Japanese society for Scientific studies on cultural property
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page