Rchr
J-GLOBAL ID:200901079721847172   Update date: Oct. 30, 2020

Imai Yuko

Imai Yuko
Research field  (2): Art history ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (2): ジャポニスム ,  Japonisme
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2016 - 19世紀セーヴル国立磁器製作所における技術開発と東洋陶磁
  • 2016 - 陶芸のジャポニスム
  • 2015 - 19世紀セーヴル国立磁器製作所における技術開発と東洋陶磁
  • 2014 - 19世紀セーヴル国立磁器製作所における技術開発と東洋陶磁
  • 2013 - 19世紀セーヴル国立磁器製作所における技術開発と東洋陶磁
Show all
Papers (16):
  • Yuko IMAI. On the Publication of Togei no Japonisumu. Studies in Japonisme. 2018. 38. 52-59
  • 陶芸のジャポニスムとセーヴル. Journal of Modern Ceramics. 2017. 18. 2-6
  • Yuko IMAI. Relation between French Ceramic Art and Japonism: With a Focus on Decorative Techniques. 2015. 6. 381-481
  • On the UnpublishedDraft of Part VIII of The Kwan-Ko-Dzu-Setsu (Ceramic Art) Held in the Collection of the Museum of Fine Arts, Boston (USA). 2013. 4. 325-350
  • Backstage of the Paris Internationl Exposition of 1878 : the Sevres Manufactory andJapan. Bulletin of the Franco-Japanese Society of Art and Archaeology. 2012. 31. 73-97
more...
MISC (14):
  • On the UnpublishedDraft of Part VIII of The Kwan-Ko-Dzu-Setsu (Ceramic Art) Held in the Collection of the Museum of Fine Arts, Boston (USA). 2013. 4. 325-350-350
  • Backstage of the Paris Internationl Exposition of 1878 : the Sevres Manufactory andJapan. Bulletin of the Franco-Japanese Society of Art and Archaeology. 2012. 31. 73-97-97
  • 今井 祐子. Backstage of the Paris Internationl Exposition of 1878 : the Sevres Manufactory andJapan. Bulletin of the Franco-Japanese Society of Art and Archaeology. 2012. 31. 73-97
  • 今井 祐子. 陶磁史家シャンフルーリの誕生--革命のファイアンスに魅せられて. 表現文化研究. 2011. 10. 2. 109-126
  • 今井 祐子. エルネスト・シャプレとアール・ヌーヴォー. 表現文化研究. 2009. 9. 1. 43-64
more...
Books (6):
  • セーヴルの新硬質磁器に関する研究--中国磁器との関係をめぐって
    2020
  • Japonisme dans la ceramique
    The University of Nagoya Press 2016 ISBN:9784815808549
  • 『フランス印象派の陶磁器』図録
    2013
  • 『もてなす悦び』展図録
    2011
  • 稲賀繁美編『伝統工藝再考 京のうちそと』 (共著)
    2007 ISBN:9784784213573
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • セーヴルの新磁器に関する一考察
    (日仏美術学会 第155回例会 2019)
  • 陶芸のジャポニスム--蜷川式胤『観古図説 陶器之部』の影響
    (第38回ジャポニスム学会賞受賞者記念講演会 2018)
  • 陶芸のジャポニスムにおける北斎受容--彩られたイメージとその技法
    (国立西洋美術館「北斎とジャポニスム」展 講演会 2017)
  • 陶芸のジャポニスムとセーヴル
    (近代国際陶磁研究会 講演会 2017)
  • 印象派陶磁器とその周辺
    (岐阜県現代陶芸美術館「フランス印象派の陶磁器1866-1886」展 講演会 2014)
more...
Works (4):
  • 19世紀セーヴル国立磁器製作所における技術開発と東洋陶磁, 基盤研究(C)(一般)
    2014 -
  • 近代フランスにおける陶磁研究とシャンフルーリ, 若手研究(B)
    2011 -
  • 「東洋美学・東洋的思惟」を問う: 自己認識の危機と将来への課題
    2008 -
  • ビングと蜷川式胤を巡る陶芸のジャポニスムに関する研究, 若手研究(B)
    2006 -
Professional career (2):
  • 博士(学術、神戸大学) (神戸大学)
  • Doctor (Kobe University)
Work history (2):
  • 2016/04/01 - 福井大学国際地域学部 Associate Professor
  • 2004/04 - 2004年4月~福井大学教育地域科学部 専任講師 2007年4月~福井大学教育地域科学部 准教授
Committee career (6):
  • 2006/01/01 - 2015/03/31 日仏美術学会 実行委員
  • 2007 - 美術史学会 一般会員
  • 2007 - 日仏美術学会 実行委員
  • 2006 - 東洋陶磁学会 一般会員
  • 2001 - ジャポニスム学会 一般会員
Show all
Awards (1):
  • 2017 - ジャポニスム学会 ジャポニスム学会賞
Association Membership(s) (3):
Society for the Study of Japonisme ,  Japan Society of Oriental Ceramic Studies ,  日仏美術学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page