Rchr
J-GLOBAL ID:200901079894412120   Update date: Sep. 01, 2021

KANEMARU Ryuta

カネマル リユウタ | KANEMARU Ryuta
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.edu.ibaraki.ac.jp/master/index.php?id=209
Research field  (1): Clinical psychology
Research keywords  (1): 交流分析(TA),親子の臨床心理学的問題,投影描画法テストバッテリー,児童虐待,発達障害
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2017 - 2020 児童養護施設の新任スタッフ離職防止プログラムの開発
  • 2014 - 2017 いじめを予防する学級づくりに関する実践研究
  • 2013 - 2016 児童福祉施設の専門職連携教育プログラムの開発
  • 2013 - 2016 通常学級に在籍する発達障がいを有する児童生徒への健康支援スキル向上プログラム開発
Papers (12):
more...
MISC (18):
  • 両親の不和に心を痛めている. 児童心理. 2013. 67. 2. 91-95
  • 交流分析家になるための過程. 精神療法. 2012. 38. 6. 799-807
  • 児童養護施設で暮らす小学生のコラージュ表現. 茨城大学教育実践研究. 2011. 30. 303-315
  • コラージュ療法における「切る」ことの意義. 茨城大学心理臨床研究. 2011. 4. 19-22
  • 青木いづみ, 金丸隆太. 高校生のコラージュ作品の形式分析と内容分析. 茨城大学教育実践研究. 2008. 27. 181-195
more...
Books (16):
  • 質的心理学事典
    新曜社 2018
  • はじめての描画療法
    新曜社 2018
  • 楽しく遊んで、子どもを伸ばす
    福村出版 2016
  • ポスト震災社会のサステイナビリティ学:地域と大学の新たな協働をめざして
    国際文献社 2014
  • 交流分析辞典
    実務教育出版 2013 ISBN:4788960850
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 乳児院入所児と家庭児における心身発達の比較-乳児発達スケールKIDSを用いて-
    (日本心理臨床学会第27回大会 2008)
  • 投影描画法テスト・バッテリーの有効性 その2-描画初学者に有効な指標-
    (日本心理臨床学会第27回大会 2008)
  • あらためて児童福祉臨床の専門性を考える
    (日本心理臨床学会第27回大会自主シンポジウム 2008)
  • 投影描画法テスト・バッテリーの有効性 その1-中学校におけるスクールカウンセラーへのニーズに対応する-
    (日本心理臨床学会第26回大会 2007)
  • 初回面接(5)
    (日本心理臨床学会第26回大会自主シンポジウム 2007)
more...
Education (4):
  • 2009 - 2017 University of Tsukuba 生命システム医学専攻
  • - 1999 Waseda University 心理学専攻
  • - 1999 Waseda University 心理学専攻
  • 1988 - 1991 神奈川県立横浜翠嵐高等学校
Professional career (1):
  • 修士(心理学)
Work history (4):
  • 2012/10 - 茨城大学大学院教育学研究科 准教授
  • 2003/02 - 2012/09 茨城大学大学院教育学研究科 専任講師
  • 2004/04 - 茨城県スクールカウンセラー
  • 1997/04 - 2003/03 東京都東久留米市教育センター滝山相談室 相談員
Committee career (12):
  • 2016/04 - 2019/12 北茨城市 いじめ問題調査委員会
  • 2019/11 - 海上保安庁第三管区 海上保安部心の健康対策ネットワーク委員会
  • 2017/10 - 茨城県 いじめ問題調査委員会・自殺調査委員会
  • 2017/04 - 桜川市 いじめ問題調査委員会
  • 2017/04 - 茨城県 自殺対策連絡協議会
Show all
Awards (2):
  • 2014/09 - 日本学校心理学会 発表賞 高校教諭による卒業後支援の実態調査:パイロットスタディとして
  • 2014/09 - 日本学校心理学会 発表賞 高校教諭による卒業後支援の実態調査:パイロットスタディとして
Association Membership(s) (6):
日本質的心理学会 ,  日本遊戯療法学会 ,  日本心理学会 ,  日本心理臨床学会 ,  The International Transactional Analysis Association ,  日本交流分析学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page