Rchr
J-GLOBAL ID:200901079998085466   Update date: Mar. 15, 2021

Soonyoung Park

パク スニョン | Soonyoung Park
Affiliation and department:
Research field  (1): Literature - British/English-languag
Research keywords  (5): キャリル・フィリップス ,  フレデリック・ダグラス ,  黒人 ,  アフリカ系アメリカ人 ,  アメリカ文学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2016 - 2019 Frederick Douglass's Self-Emancipation in Authorship: From Slave Narrative to Autobiography
  • 2010 - 2012 Frederick Douglass's Discourse on Masculinity in His Later Years and Racial Representation in American Society
  • 2005 - 2008 フレデリック・ダグラスの政治的言説-「マスキュリニティ」の戦略的利用をめぐって
Papers (17):
  • PARK Soonyoung. Frederick Douglass in Japan: Reception and Research from the 1930s to the Present. New North Star. 2020. 2. 20-32
  • 朴珣英. 理想化されたアフリカ-映画『ブラックパンサー』に見るアフロフューチャリズムとステレオタイプ. 金城学院大学『金城学院 大学論集人文科学編』. 2020. 16. 2. 71-81
  • PARK Soonyoung. Frederick Douglass and His Strategic Use of Photography as Visual Voice. 金城学院大学『金城学院 大学論集人文科学編』. 2019. 16. 1. 95-109
  • 朴珣英. フレデリック・ダグ ラスの自伝における書き換え-自己像の構築・再構築と「永遠化」への試み. 日本英文学会『英文学研究』. 2018. 95. 35-51
  • From Slave Narrative to Autobiography: Frederick Douglass's Self -Emancipation in Authorship. 2016. 85. 22-34
more...
Books (7):
  • 南アフリカの指導者、宗教と政治を語る-自由の精神、希望をひらく(共訳)
    本の泉社 2012
  • バラク・オバマの言葉と文学(共著)
    彩流社 2011
  • 『地図でみるアフリカ系アメリカ人の歴史-大西洋奴隷貿易から20世紀まで』(共訳)
    明石書店 2011
  • 『英語文学とフォークロア-歌、祭り、語り』(共著)
    南雲堂フェニックス 2008
  • 『ヨーロッパ・アメリカ文学案内』(共著)
    南雲堂フェニックス 2007
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • フレデリック・ダグラスのトゥサン・ルヴェルチュールに関する未公刊原稿について
    (大谷大学西洋文学研究会・2010年度総会(大谷大学) 2010)
  • Frederick DouglassとHerman Melville-19世紀アメリカ小説にみる「自由」の表象
    (大谷大学英文学会・年次大会(大谷大学) 2009)
  • Post-Racial Americaを索めて-フレデリック・ダグラスとバラク・オバマ
    (第53回日本アメリカ文学会関西支部大会(奈良女子大学)「フォーラム:バラク・オバマの自伝を読む-文学研究からのアプローチ」(コーディネーター/司会: 里内克巳、講師:ウェルズ恵子、戸田由紀子、松原陽子、朴珣英)での発表。 2009)
  • Frederick Douglassの晩年におけるマスキュリニティ言説-Toussaint L'Ouvertureの表象をめぐって
    (日本アメリカ文学会・第48回全国大会(秋田大学) 2009)
  • 韓国版『黒人文学全集』(1965年刊)の内容紹介と黒人研究の会との係わり(古川博巳との共同発表)
    (黒人研究の会・第55回全国大会(キャンパスプラザ京都) 2009)
more...
Education (4):
  • - 2007 Osaka University
  • - 2005 Osaka University
  • - 2002 Osaka University
  • - 2000 Nara Women's University Department of Language and Culture
Professional career (1):
  • 博士 (大阪大学)
Work history (6):
  • 2020/04 - 現在 Kinjo Gakuin University College of Humanities Department of English
  • 2013/04 - 2020/03 Kinjo Gakuin University Department of English, College of Humanities
  • 2008/04 - 2013/03 Doshisha Women's College of Liberal Arts Faculty of Culture and Representation, Department of English
  • 2011/04 - 2012/03 Otani University Shin Buddhist Comprehensive Research Institute
  • 2009/04 - 2011/03 Otani University Faculty of Letters
Show all
Awards (1):
  • なし
Association Membership(s) (6):
Modern Language Association(U.S.A.) ,  Association for the Study of African American Life and History(U.S.A.) ,  黒人研究学会 (Japan Black Studies Association) ,  日本英文学会 ,  日本アメリカ文学会 ,  アメリカ学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page