Rchr
J-GLOBAL ID:200901080070735514   Update date: Aug. 15, 2021

Naganuma Ken

ナガヌマ ケン | Naganuma Ken
Affiliation and department:
Research field  (1): Commerce
Research keywords  (7): electronic commerce ,  電子海上運送状 ,  電子船荷証券 ,  海上運送状 ,  e-SWB ,  e-B/L ,  Sea-Waybill
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2016 - 国際商取引における実務の形成・定着と多文化の影響-ソフトローと文化要因の関係性-【研究代表者】
  • 2013 - 2015 国際取引における実務と法制度の共進化-ソフトローとハードローの観点から-【研究代表者】
  • 2009 - 2011 国際商取引におけるイノベーションと制度の共進化【研究代表者】
  • 国際電子商取引のインパクトと普及プロセス
MISC (35):
  • Ken Naganuma. The influence of the reformed commercial law on the choice of transport documents. Academy for International Business Transaction. 2021. 23. 47-59
  • Ken Naganuma. The current situation and reasons for usage of surrender B/L in Japan. 2020. 48巻. 10号. 1431-1436
  • Ken NAGANUMA. Soft Law in Transport Document Usage and Its Circulation Model. 2019. 21. 201-219
  • Ken NAGANUMA. Establishment of Soft Law in the International Trade and its Circulation Model : Case Study on Transport Documents. The Doshisha business review. 2018. 70. 1. 65-81
  • Ken NAGANUMA. New Solution to Problems of L/G System in Asia. 2017. 64. 4. 87-105
more...
Books (3):
  • 国際運送書類の歴史的変遷と電子化の潮流
    文眞堂 2015
  • コミュニケーション・ツールとしての運送書類
    国際ビジネスコミュニケーション-国際ビジネス分析の新しい視点- 2010
  • 国際商務論の新展開
    同文舘出版
Professional career (2):
  • Doctor of Commerce (Doshisha University)
  • 修士(商学) (日本大学)
Committee career (3):
  • 2011 - 2015 日本貿易学会 理事
  • 2009 - 2014 国際商取引学会 理事
  • 2012 - 国際ビジネスコミュニケーション学会 理事
Association Membership(s) (4):
日本港湾経済学会 ,  国際ビジネスコミュニケーション学会 ,  日本貿易学会 ,  国際商取引学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page