Rchr
J-GLOBAL ID:200901080430896069   Update date: Oct. 14, 2020

Yamauchi Miho

ヤマウチ ミホ | Yamauchi Miho
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (1): Japanese language education
Research keywords  (5): 多文化共生 ,  留学生教育 ,  日中対照 ,  会話分析 ,  日本語文法
Papers (3):
  • Yamauchi Miho. Singular Use of - tari in conversations : How -tari can convey Meanings of Possibility or Unexpectedness. Journal of Japanese Language Teaching. 2015. 162. 82-96
  • A function for "Shi" as a postpositional particle in Japanese conversation. Papers from the National Conference of the Japanese Cognitive Linguistics Association 15, 493-504, 2015. 2015. 15. 493-504
  • 「並列」機能を持つ助詞の談話における働き-「単独」用法に着目して-. 博士論文. 2014
MISC (1):
  • 山内 美穂. コーパスを利用した日中同形語対照研究-中国語を母語とする日本語学習者の漢語習得支援のために-. 杏林大学大学院論文集. 2013. 10
Lectures and oral presentations  (7):
  • 大分県は日本語でつうじるけんー『ひるまち にほんご』の取り組み-
    (九州OPI研究会例会 2019)
  • 「日本語上級クラスにおける形式の異なる2つの交流授業の効果比較検証」
    (第15回アジア太平洋カンファレンス,立命館アジア太平洋大学 2017)
  • 会話における助詞「シ」の機能
    (日本認知言語学会第15回大会 2014)
  • 談話中「単独使用」される「トカ」「タリ」「シ」の機能
    (日本語文法学会第14回大会 2013)
  • 話し言葉に見られる「トカ」の「引用的」機能
    (2012年日本語教育国際研究大会 2012)
more...
Professional career (1):
  • 博士 (杏林大学大学院国際協力研究科)
Work history (2):
  • 2019/04 - 現在 Nagasaki International University The Faculty of Human Sociology
  • 2015/09 - 2019/03 Ritsumeikan Asia Pacific University Center for Language Education Lecturer
Association Membership(s) (4):
日本語教育学会 ,  留学生教育学会 ,  日本語文法学会 ,  日本認知言語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page