Rchr
J-GLOBAL ID:200901080611510200   Update date: Jun. 29, 2022

Kita Toshihiro

キタ トシヒロ | Kita Toshihiro
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): https://tkita.net
Research field  (2): Learning support systems ,  Electrical power engineering
Research theme for competitive and other funds  (17):
  • 2020 - 2023 知的技能の問題作成と類題作成を支援するシステムの設計・開発
  • 2019 - 2022 Research on Adaptive Learning System Using Big Data of Learning Log in Higher Education
  • 2019 - 2022 Implementation of a safety education system based on an active LMS to prevent serious accidents that could be prevented by education
  • 2017 - 2020 A Study of Learning Support System Using Blockchain for Learners in Developing Countries
  • 2017 - 2020 ラベルへの化学物質の危険有害性情報の付加に関する調査と開発及びその効果の測定
Show all
Papers (59):
more...
MISC (289):
  • 苑田 裕樹, 喜多 敏博, 都竹 茂樹, 鈴木 克明. 外傷看護教育における学習課題分析に基づいた e ラーニング教材の設計と形成的評価. 日本教育工学会2021年春季全国大会論文誌. 2021. 461-462
  • 喜多 敏博, 北村 光司. 子ども安全に関する情報のLINEボットによる提供・収集・分析. 日本教育工学会2021年春季全国大会論文誌. 2021. 87-88
  • 喜多敏博, 松居辰則. Proactive learner support using Moodle analytics with consideration of learners’ mental state. 人工知能学会先進的学習科学と工学研究会資料. 2021. 92
  • 中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 中野裕司, 喜多敏博, 喜多敏博, 喜多敏博. QRコードとSSOを利用した出席登録システムの開発と運用. 情報処理学会研究報告(Web). 2021. 2021. CLE-34
  • 喜多敏博, 松居辰則. Learner support features of Moodle Analytics and its extendability. 人工知能学会先進的学習科学と工学研究会資料. 2021. 91st
more...
Books (6):
  • 大学におけるeラーニング活用実践集: 大学における学習支援への挑戦2
    ナカニシヤ出版 2016
  • ICTで実現する大学教育改革-フランス・カナダ・日本の事例から-
    東北大学出版会 2013
  • Moodleによる eラーニングシステムの構築と運用
    技術評論社 2009 ISBN:4774140791
  • 最適モデルによるインストラクショナルデザイン(共著)
    東京電機大学出版局 2008 ISBN:9784501543907
  • IT時代の教育プロ養成戦略(共著)
    東信堂 2008 ISBN:9784887138285
more...
Lectures and oral presentations  (33):
  • 学習者間の情報共有を促すMoodleアドオン「SharedPanel」の形成的評価
    (教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM) 2016)
  • pdf2submissionの個別シートを効率的に配布するための改良と大規模クラスでの利用
    (情報処理学会研究報告(Web) 2015)
  • Moodleグレードブックデータに基づき学習進捗表示サイトを随時更新するプラグインの開発
    (情報処理学会シンポジウム論文集 2012)
  • 変わりゆくネット環境とeラーニングシステム (全国大会イベント企画「クラウドコンピューティングがもたらす遠隔教育の革新」)
    (情報処理学会 第74回全国大会 2012)
  • ムードルで遊ぶ -プラグインとカスタマイズ
    (第4回日本MoodleMoot 2012)
more...
Education (4):
  • - 2005 Nagoya University (dissertation submission)
  • 1993 - 1996 Kyoto University
  • 1991 - 1993 Kyoto University
  • 1987 - 1991 Kyoto Univesity
Professional career (3):
  • 工学学士 (京都大学工学部)
  • Master of Engineering (Kyoto University)
  • ph.D. (Nagoya University)
Work history (5):
  • 2021/04 - 現在 Director of Research Center for Instructional Systems, Kumamoto University
  • 2017/04 - 現在 Research Center for Instructional Systems, Kumamoto University Research Department for Collaboration and Learning Environment Professor
  • 2008/04 - 2017/03 Institute for e-Learning Development, Kumamoto University Professor
  • 2002/04 - 2008/03 Center for Multimedia and Information Technologies, Kumamoto University Computer Aided Education Research Section Associate Professor
  • 1996/04 - 2002/03 Faculty of Engineering, Kumamoto University Assistant Professor
Committee career (8):
  • 2018/05 - 現在 Japan Society for Educational Technology Chair of SIG-12 Artificial Intelligence Application to Education
  • 2015 - 現在 日本ムードル協会 研究開発担当理事
  • 2020/04 - 2022/03 情報処理学会 論文誌教育とコンピュータ編集委員会 編集委員
  • 2019/07 - 2021/06 教育システム情報学会 学会誌編集委員会 委員
  • 2012 - 2013 Moodle Research Conference Program committee member
Show all
Awards (4):
  • 2018/10 - 32nd Annual Conference of the Asian Association of Open Universities (AAOU2018) Best Paper Award Silver Medal Crowdsourced learning based on learning economy
  • 2015 - 大学ICT推進協議会 2015年度年次大会 優秀ポスター賞 複数大学間連携プログラムの運営を支援する参加者管理システム -Moodleの標準機能を活用したシステム構築-
  • 2014 - 28th Annual Conference of the Asian Association of Open Universities (AAOU2014) Best Paper Award Silver Medal Learner Autonomy through Adoption of OER using SNS and Multi-media E-textbooks
  • 1996 - 電気学会 電気学会論文発表賞(平成7年電気関係学会関西支部連合大会)
Association Membership(s) (7):
Japanese Society for Artificial Intelligence ,  日本ムードル協会 ,  先端芸術音楽創作学会 ,  JAPANESE SOCIETY FOR INFORMATION AND SYSTEMS IN EDUCATION ,  JAPAN SOCIETY FOR EDUCATIONAL TECHNOLOGY ,  INFORMATION PROCESSING SOCIETY OF JAPAN ,  電気学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page