Rchr
J-GLOBAL ID:200901081176239202   Update date: Jun. 08, 2020

Kimoto Masaki

キモト マサキ | Kimoto Masaki
Affiliation and department:
Job title: Senior researcher
Homepage URL  (1): http://tri-osaka.jp/group/chemen/matchem/
Research field  (6): Composite materials and interfaces ,  Polymer materials ,  Organic functional materials ,  Polymer chemistry ,  Nanobioscience ,  Nanomaterials
Research keywords  (9): エポキシ樹脂 ,  高分子系複合材料 ,  高分子表面 ,  有機無機複合材料 ,  複合微粒子 ,  Epoxy resin ,  Polymer composite ,  Composite particles ,  Organic and inorganic composite materials
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2008 - 2010 金属ナノ粒子とゲル微粒子の複合化
  • 2006 - 2009 ゲル微粒子の調製と応用
  • 2001 - 有機無機複合微粒子
  • 2001 - Organic and Inorganic Composite Particles
  • 2000 - 複合微粒子の調製と機能性材料への応用
Show all
MISC (15):
Patents (5):
  • 球状ポリマー微粒子被覆板状粉体およびそれを含有する化粧料
  • 微粒子シリカ被覆板状粉体およびそれを含有する化粧料
  • コア-シェル型高分子ゲル微粒子の固定化方法および分離材
  • 撥水性シリカ微粒子及びその製造方法
  • コア-シェル型高分子ゲル微粒子およびその製造方法
Books (4):
  • シリカ微粒子の特性と表面改質および分散・凝集の制御(部分執筆)「高分子溶液中におけるシリカ複合微粒子の調製とその特性」
    技術情報協会 2009 ISBN:9784861042850
  • ぬれと(超)撥水、(超)親水技術、そのコントロール (部分執筆、共著)「アクリルシリコーン/シリカ複合膜による超撥水膜の作製」
    技術情報協会 2007 ISBN:9784861041747
  • 表面・深さ方向の分析(部分執筆「接着に関わる分析」)
    サイエンス&テクノロジー 2007 ISBN:9784903413303
  • 撥水・親水・防汚剤の開発とコーティングおよびぬれ性の制御 (「アクリルシリコーン/シリカ・ナノコンポジットを用いた超撥水表面」部分執筆)
    (株)情報機構 2006 ISBN:4901677632
Lectures and oral presentations  (7):
  • 均一凹凸型ゲル微粒子の調製と金属ナノ粒子の吸着
    (第48回日本接着学会年次大会 2010)
  • Preparations of Core-Shell Gel Particles with Projections and Applications to Filters for Filtration of Au Nano Particles
    (3rd Asian conference on adhesion 2009)
  • PEGブロック含有アゾ重合開始剤によるコアシェル型凹凸ゲル微粒子の合成と分離材料への応用
    (第46回日本接着学会年次大会 2008)
  • PEGブロック含有アゾ重合開始剤によるコアシェル型凹凸ゲル微粒子の合成と分離材料への応用
    (第57回高分子討論会 2008)
  • In-Situ Preparations of SERICITE-Spherical Particles Hybrid Powder in Polymer Solutions and its Application to Base Make Up Products
    (25th International Congress of the International Federation of Societies of Cosmetic Chemists (IFSCC) 2008)
more...
Works (1):
  • 表面処理したシリカの合成
    2001 -
Professional career (1):
  • Dr. of Engineering (Kobe University)
Committee career (5):
  • 2006 - 2010 日本接着学会 理事、関西支部長、編集委員
  • 2006 - 2010 日本接着学会関西支部長 理事 編集委員
  • 2010 - - 日本接着学会評議員 編集委員
  • 2002 - 2008 高分子学会 関西支部幹事
  • 2001 - (社)日本ゴム協会 関西支部幹事
Awards (2):
  • 2003 - 複合材料界面シンポジウム 進歩賞
  • 2000 - 日本接着学会 進歩賞
Association Membership(s) (4):
(社)日本ゴム協会 ,  日本接着学会 ,  繊維学会 ,  高分子学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page