Rchr
J-GLOBAL ID:200901081317941232   Update date: May. 28, 2014

Takayama Shigeru

タカヤマ シゲル | Takayama Shigeru
Research field  (3): Religious studies ,  Cultural anthropology and folklore ,  History - Japan
Research keywords  (11): Tibetan Performing Arts ,  Dances ,  Masks ,  Shint(]E87C7[) ,  Folk Perfoming Arts ,  Shugend(]E87C7[)(Mountaineering Asceticism) ,  Shugendo ,  Shinto ,  Kagura ,  Mask Dance ,  Folk Performing Arts
Papers (36):
  • 法霊神楽と「権現舞」. アジアを結ぶ獅子たち-権現の来た道. 2010
  • 本海番楽の特色. 民俗芸能研究. 2010. 第49号
  • 法霊神楽. 民俗芸能特別公演記録. 2010
  • 番楽研究における課題三点について. 民俗芸能における神楽の諸相(京都市立芸術大学 日本伝統音楽研究センター研究報告4). 2009. 73-78
  • 河口の稚児舞. 民俗芸能. 2008. 89. 6-17
more...
Books (12):
  • 東京都の民俗芸能-東京都民俗芸能調査報告書-(編著)
    東京都教育庁地域教育支援部管理課 2012
  • 山梨県の民俗芸能-山梨県民俗芸能緊急調査報告書-(編著)
    山梨県教育委員会 2012
  • 祭・芸能・行事大辞典
    朝倉書店 2009
  • 山梨県史 民俗編(共著)
    山梨日日新聞社 2003
  • The History of Sutama-cho:the Book of Folklore
    2002
more...
Lectures and oral presentations  (45):
  • 基調講演・山梨のまつりと芸能、シンポジウム・山梨のまつり
    (山梨学講座「山梨の人と文化11」 2013)
  • シンポジウム・山梨から考える日本の道祖神
    (やまなし発見フォーラム 2013)
  • 山梨県の民俗芸能の概要と特色
    (山梨県民俗研究会 2012)
  • シンポジウム・民俗芸能研究における早川孝太郎の業績(司会)
    (民俗芸能学会大会・まつり同好会50周年記念大会 2011)
  • 本海番楽の特色(基調講演)
    (民俗芸能学会大会 2009)
more...
Works (27):
  • 2012都民芸術フェスティバル参加 第43回東京都民俗芸能大会運営・解説
    2012 - 2012
  • 2011都民芸術フェスティバル参加 第42回東京都民俗芸能大会運営・解説
    2011 - 2011
  • 第1回新宿区伝統芸能フェスティバル企画・解説
    2010 - 2010
  • 第52回関東ブロック民俗芸能大会解説
    2010 - 2010
  • 2010都民芸術フェスティバル参加 第41回東京都民俗芸能大会運営・解説
    2010 - 2010
more...
Education (2):
  • - 1987 Waseda University
  • - 1971 Waseda University
Professional career (1):
  • Master of Arts (Waseda University)
Work history (1):
  • Nihon University College of International Relations, Department of International Liberal Arts Professor
Committee career (19):
  • 1996/05 - 2000/04 日本演劇学会 理事
  • 1996 - 芸能学会 理事
  • 1984/12 - 民俗芸能学会 理事
  • 1.新宿区文化財調査員会調査員
  • 2.東京都民俗芸能大会実行委員会委員
Show all
Association Membership(s) (8):
民俗芸能学会 ,  日本民俗学会 ,  芸能学会 ,  芸能史研究会 ,  能楽学会 ,  日本比較文学会 ,  アジア民族文化学会 ,  日本演劇学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page