Rchr
J-GLOBAL ID:200901081681021076   Update date: Jul. 11, 2020

Emura Hirohumi

エムラ ヒロフミ | Emura Hirohumi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Japanese language education ,  Japanese linguistics ,  Linguistics
Research keywords  (8): スワヒリ語 ,  アラビア語 ,  日本語教育 ,  日本語学 ,  談話分析 ,  語用論 ,  意味論 ,  言語学
Papers (9):
  • EMURA Hirofumi. On "Language" and "Speech" ーConcerning the Value(Status) of "Sentence"ー. Intercultural Communication. 2017. 18. 5-39
  • EMURA Hirofumi. 「空気」に関する論考 I ー日本人の人間関係と行動を規定するモノー. IBUNKA. 2016. 17. 5-23
  • What made Man be able to speak?. Bulletin of the Faculty of Intercultural Communication Hosei University. 2015. 第16. 5-15
  • On the Combination of Particle mo+ga. Research in the Japanese Language -Infinite Possibilities of Language-. 2008. 293-298
  • About Sapir=Whorf Hyposesis -On Culture 3-. Bulletin of Faculty of Intercultural Communication Hosei Uni. 2007. 8. 25-53
more...
MISC (17):
  • アラビア語学習者のために. Bulletin of the Fuculty of Intercultural Communication Hosei University. 2015. 第16. 37-56
  • About "Afroasiatic" Concept. Journal of intercultural communication. 2014. 第15. 33-38
  • 文の文法性と容認度-ドメニコ・ラガナの「これは日本語か」をめぐって. 法政大学国際文化学部「異文化」第3号. 2002
  • 日本語における「注釈表現」あるいは「メタ言語行動表現」-「談話」の観点から-. 法政大学国際文化学部「異文化」第2号. 2001
  • (翻訳) チュニジアの言語状況-アラビア語とフランス語の間で-. 法政大学教養部『紀要』第103号. 1998
more...
Books (8):
  • The World's Writing Systems
    朝倉書店 2013 ISBN:9784254500165
  • (翻訳)図説ことばの世界
    青山社 2010
  • Situational Functional Japanese
    凡人社 1991
  • 異文化適応をめざした日本語教育
    文化庁文化部国語課 1991
  • 中国帰国者用日本語教育指導の手引
    文化庁文化部国際課 1988
more...
Professional career (1):
  • 外国語学修士 (京都産業大学)
Work history (9):
  • 1999/04/01 - 法政大学国際文化学部 教授(現在に至る)
  • 1998/04/01 - 1999/03/31 法政大学第一教養部 教授
  • 1992/04/01 - 1998/03/31 法政大学第一教養部 助教授(「日本語」担当)
  • 1990/04/01 - 1992/03/31 法政大学第一教養部 専任講師
  • 1991/04/01 - 明治大学経営学部 兼任講師(「日本語」担当)
Show all
Committee career (4):
  • 1998/01/01 - 社会言語科学会 会員
  • 1980/04/01 - 日本記号学会 会員
  • 1980/04/01 - 日本オリエント学会 会員
  • 1979/04/01 - 日本言語学会 会員
Association Membership(s) (4):
日本言語学会 ,  日本オリエント学会 ,  日本記号学会 ,  社会言語科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page