Rchr
J-GLOBAL ID:200901081858890410   Update date: Mar. 02, 2021

Kobayashi Kazuo

コバヤシ カズオ | Kobayashi Kazuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Sociology/history of science and technology ,  Local studies ,  Sociology
Research keywords  (8): 規那 ,  医療・衛生 ,  軍産学複合体 ,  ジャワ奉公会 ,  隣組 ,  日本占領期 ,  ジャワ ,  インドネシア
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2020 - 2023 Formation of military-industrial-academic complex in Java under the Japanese Occupation: A case study on cinchona
  • 2019 - 2019 「帝国の編成と「想像の言語共同体」-南方の「外地」アジア諸語を中心として」
  • 2018 - 2018 日本の南方進出と国民の外国語学習に関する歴史社会学的研究-馬来語を事例として
  • 2014 - 2017 A religious studies examination of the Allied Powers treatment of Asia: re-examining documents in overseas Public Record Offices and National Archives
  • 2014 - 2017 A Study on the Great East Asia Co-prosperity Sphere Plan and Learning of Asian Languages by Japanese Citizens: A Case Study on Malay Language.
Show all
Papers (25):
  • The Beginning of “Physical Occupation” under the Japanese Occupation in Java with a Focus on Touring Film by “ Java-Bali Propaganda Unit”. 2020. Vo.41. No.1-2. 1-26
  • Hygiene Problems of Japanese under the Japanese Occupation in Java: A Quantitative Analysis of Djawa Shimbun’s Running Story “Questions and Answers about Hygiene in Tropical Regions”. 2020. No. 13. 13-41
  • Institutionalization of Islamic Doctrine under the Japanese Occupation: A Focus on Baytoel-Mal in Bandung-Ken. 2019. Vol.43. No.1-2. 29-56
  • Imperial Icon Represented in “Voice Occupation” : Radio Broadcasting Management Policy during Java under the Japanese Occupation. 2019. 12. 13-43
  • Kazuo Kobayashi. The Concept of Great East Asia Co-Prosperity Sphere and Asian Language Learning by Japanese Citizens: A Case Study on the Malay Language. Japanese Sociological Review. 2018. Vol.69. No.3. 338-354
more...
MISC (1):
  • 関田 一彦, 西浦 昭雄, 宮崎 猛, 山﨑 めぐみ, 佐々木 諭, 清水 強志, 小林 和夫, 平野 正彦, 赤石澤 敏和. 創価大学の実地体験・社会貢献型学習拡充に向けて. The Journal of Learner-Centered Higher Education = 学士課程教育機構研究誌. 2013. 2. 25-31
Books (4):
  • 『地域社会の新しい〔共同〕とリーダー』
    恒星社厚生閣 2009
  • “Invention of Tradition” under the Japanese Occupation in Java: Tonarigumi System and Gotong Royong
    Afrasian Working Paper Series, No.31, Afrasian Centre for Peace and Development Studies, Ryukoku University 2008
  • 『現代日本の人間関係-団塊ジュニアからのアプローチ』
    学文社 2007
  • 『アジア・メガシティと地域コミュニティの動態-ジャカルタのRT/RWを中心にして』
    お茶の水書房 2005
Lectures and oral presentations  (13):
  • 日本占領期ジャワにおける「教育的占領」の機制-大政翼賛運動をめぐる「カナジャワシンブン」の記事を分析対象として
    (第84回日本社会学会大会 2011)
  • スハルト新秩序体制下における官製住民組織の機能-文書発給と住民情報管理を中心として
    (第7回全球都市全史研究講演会『コミュニティと都市』 2011)
  • 「スハルト新秩序体制下における『監視の記号化』-住民登録証の社会史」
    (第80回日本社会学会大会 2007)
  • 「ポスト・スハルト期における開発とコミュニティ政策-ジャカルタ首都特別区のPPMKを事例として」
    (第6回コミュニティ政策学会大会 2007)
  • 「スハルト新秩序体制下における1997年総選挙の住民動員-東ジャカルタ市Bクルラハンの事例」
    (第76回東南アジア学会研究大会 2006)
more...
Works (6):
  • 書評『ヤシガラ椀の外へ』 『創価人間学論集』3号
    2010 -
  • 書評 『都市下層の生活構造と移動ネットワーク』 『三田学会雑誌』101-1号
    2008 -
  • ジャカルタの喧騒と静寂-ラマダーンとハリラヤの風景」 『アジア遊学・ジャカルタのいまを読む』 勉誠出版
    2006 -
  • 『ちょばちょばインドネシア語 2』(ドミニクス・バタオネとの共著) INJ出版
    2001 -
  • 「ジャカルタの都市住民組織」 『地理』(特集ジャカルタ)45-2号 古今書院
    2000 -
more...
Education (3):
  • 1999 - 2004 東京都立大学大学院 博士課程
  • 1997 - 1999 Tokyo Metropolitan University
  • 1986 - 1991 Soka University Department of Sociology
Professional career (1):
  • Ph.D. in Urban Science (Tokyo Metropolitan University)
Work history (12):
  • 2020/04 - 現在 大東文化大学 外国語学部 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 Soka University Graduate School of Letters
  • 2016/04 - 現在 Soka University
  • 2011/04 - 現在 創価大学 文学研究科 博士前期課程担当
  • 2009/04 - 2016/03 Soka University
Show all
Association Membership(s) (6):
メディア史研究会 ,  International Visual Sociology Association ,  Society for Sociology of Warfare ,  The Kanto Sociological Society ,  The Japan Sociological Society ,  Japan Society for Southeast Asian Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page