Rchr
J-GLOBAL ID:200901081885445029   Update date: Mar. 25, 2021

okazawa hitoshi

okazawa hitoshi
Affiliation and department:
Job title: 教授(部門長)、センター長
Homepage URL  (1): http://www.tmd.ac.jp/mri/npat/index.html
Research field  (3): Neuroscience - general ,  Neuroanatomy and physiology ,  Neurology
Research keywords  (33): 包括脳ネットワーク・研究集会委員会 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・病態脳 ,  BrU ,  RNAi ,  スプライミング ,  トランスクリプトーム ,  POU転写因子 ,  トリプレットリピート病 ,  YAP ,  トリプレットリピ-ト病 ,  小頭症 ,  転写補助因子 ,  特異性 ,  治療 ,  ショウジョウバエ ,  変性 ,  転写因子 ,  神経細胞 ,  ハンチントン病 ,  核機能 ,  脊髄小脳変性症 ,  ポリグルタミン病 ,  HMGB ,  PQBP1 ,  PQBP-1 ,  神経 ,  神経細胞死 ,  プロテオーム ,  細胞死 ,  神経変性 ,  転写 ,  ポリグルタミン
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2010 - 2015 脳の正常老化と異常老化を分岐する環境由来の脳リン酸化シグナルの解明
  • 2010 - 2015 シナプス・ニューロサーキットパソロジーの創成
  • 2009 - 2013 転写障害・DNA 損傷修復障害を標的としたポリグルタミン病の治療開発
  • 2002 - 2006 RNAポリメラーゼII機能障害による神経変性の研究
  • 新しい薬剤のショウジョウバエを用いたスクリーニング screening candidate drugs with drosophila system
Show all
Papers (121):
more...
MISC (32):
more...
Patents (2):
  • 神経疾患の予防または治療薬
  • 新規タンパク質及びそれを利用したポリグルタミン病等の神経変性疾患の予防・治療薬
Works (1):
  • 神経変性疾患治療の研究
    2001 - 2005
Education (1):
  • The University of Tokyo School of Medicine
Professional career (1):
  • M.D., Ph.D.
Work history (10):
  • 2014/04 - 現在 Tokyo Medical and Dental University The Center for Brain Integration Research
  • 2003 - 現在 Tokyo Medical and Dental University Medical Research Institute
  • 2001 - 2003 財団法人東京都医学研究機構・東京都神経科学総合研究所 部門長(副参事研究員)
  • 2003 - Tokyo Medical and Dental University Medical Research Institute
  • 1994 - 2001 東京大学 医学部 神経内科 助手
Show all
Committee career (1):
  • 日本神経科学学会理事、日本神経学会評議員(社員)、日本認知症学会評議員、日本認知症学会専門医認定委員、日本神経病理学会評議員、日本神経精神薬理学会評議員、日本生化学会代議員、日本神経化学会評議員、日本神経科学学会広報委員、日本ケミカルバイオロジー学会世話人、科学研究費専門委員、日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員, 理化学研究所基礎科学・国際特別研究員審査委員会委員、脳プロ広報委員会委員、包括脳集会委員、脳科学学会連合将来構想委員会委員
Awards (1):
  • 2011/05 - Japanese Society of Neurology Narabayashi Prize
Association Membership(s) (6):
北米神経科学学会(SfN) ,  日本ケミカルバイオロジー学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経化学会 ,  日本認知症学会 ,  日本神経学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page