Rchr
J-GLOBAL ID:200901082102316996   Update date: Jan. 17, 2020

Tanaka Nobuhiro

タナカ ノブヒロ | Tanaka Nobuhiro
Affiliation and department:
Job title: professor
Research field  (1): Business administration
Research keywords  (5): 企業の財務行動 ,  CSR ,  ガバナンス論 ,  コーポレート・ガバナンス ,  corporate governance
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2015 - 2018 科研費(基盤C)代表 ソフトローとしてのCSR国際規格のエンフォースメントとその有効性
  • 2010 - 2013 科研費(基盤C)代表 コーポレート・ガバナンスにおけるソフトローのエンフォースメント
  • ガバナンスの学際研究
  • corporate governance
Papers (23):
  • 田中 信弘. An Analytical Framework for the International Standards of Corporate Social Responsibility and their Effectiveness as Soft Laws : CDP Enforcement and Engagement. 日本経営倫理学会誌 = Journal of Japan Society for Business Ethics. 2017. 24. 99-109
  • 田中 信弘. ソフトローとしてのCSR国際規格のエンフォースメントとその有効性 --ステークホルダー・エンゲージメントの課題把握に向けて-. 経営学論集(日本経営学会). 2016. 86. 05-1-05-7
  • 田中 信弘. Lobbying Activities in the EU by the Japan Business Council in Europe (JBCE) : Focusing on the CSR Committee. 杏林社会科学研究. 2015. 31. 4. 35-51
  • 日本企業のガバナンス改革とその多様性. 杏林社会科学研究. 2004. 第19巻第4号
  • TANAKA Nobuhiro. Origin and Transformation of Corporate Governance Issues. 日本経営教育学会全国研究大会研究報告集. 2003. 48. 28-33
more...
MISC (13):
  • Research Note on A Human Skills Inventory. Journal of Social Sciences. 2000. 16. 3. 23
  • Institutinal Change and Organizational Isomorphism : A View on Japanese Corporate Governance. Journal of Social Sciences. 2000. 16. 1. 18
  • Recent Japanese Corrorate Governance Issues in the Mirror of Trust. 1998
  • Japanese Corporate Governance Issues in the mirror of Trust. Journal of Social Sciences. 1998. 14. 1. 23-39
  • Asian Enterprise Research. Journal of Social Sciences. 1997. 13. 3. 61-92
more...
Books (28):
  • CSR経営要論
    創成社 2019
  • ストーリーで学ぶマネジメント:組織・社会編
    文眞堂 2019
  • コーポレート・ガバナンス改革の国際比較 : 多様化するステークホルダーへの対応
    ミネルヴァ書房 2017 ISBN:9784623081134
  • 国際関係の論点:グローバル・ガバナンスの視点から
    2016
  • よくわかる企業論
    ミネルヴァ書房 2016 ISBN:9784623076505
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • イギリスにおけるコーポレート・ガバナンスの新動向 ~法制度の変化と機関投資家の行動に注目して
    (日本経営行動研究学会全国大会統一論題報告 2017)
  • ソフトローとしてのCSR国際規格の有効性~CDPによるエンフォースメントとエンゲージメントを手掛かりとして
    (日本経営倫理学会研究発表大会 2016)
  • Global Enterprise Responses to Evolving CSR Agendas -Comparative analysis Between Thailand and Japan
    (The 1st International Conference on “Business Management and Social Sciences: Toward ASEAN Integration 2015” 2015)
  • ソフトローとしてのCSR国際規格のエンフ ォースメントとその有効性~ステークホルダー・エンゲージメントの課題把握に向けて~
    (日本経営学会全国大会報告 2015)
  • CSR国際規格と日本企業の対応~非財務情報開示と企業実践~
    (日本経営学会関東部会シンポジウム、テーマ 「CSRの新課題への対応~非財務情報開示と企業実践」 2014)
more...
Works (2):
  • 人材情報管理の研究 企業受託研究
    2000 - 2002
  • Research on a Human Skills Inventory
    2000 -
Education (2):
  • - 1993 Keio University
  • - 1993 Keio University
Professional career (1):
  • (BLANK) (Keio University)
Work history (6):
  • 2004/04 - Kyorin University Faculty of Social Sciences
  • 2004 - - Kyorin University, Professor
  • 2002 - 2003 オ-ストラリア・アデレード大学訪問研究員
  • 1994 - 1997 Kyorin University, Assistant Professor
  • 1997 - - Kyorin University, Associate Professor
Show all
Committee career (2):
  • 日本マネジメント学会 理事・幹事を歴任
  • 日本経営学会 幹事(会計担当)、財政改革委員会委員
Association Membership(s) (3):
JAPAN SOCIETY FOR BUSINESS ETHICS STUDY ,  NIPPON ACADEMY OF MANAGEMENT ,  JAPAN SOCIETY OF BUSINESS ADMINISTRATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page