Rchr
J-GLOBAL ID:200901082104305592   Update date: Oct. 14, 2021

SUZUKI-YAMAMOTO Toshiko

SUZUKI-YAMAMOTO Toshiko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://www.fhw.oka-pu.ac.jp/eiyo/laboratory_ei/yamamotolab/index.html
Research field  (4): Nutrition and health science ,  Medical biochemistry ,  Anatomy ,  Neuroanatomy and physiology
Research keywords  (9): lipid mediator ,  polyunsaturated fatty acid metabolism ,  chronic inflammation ,  food functionality ,  milk lipids ,  嚥下調整食 ,  中枢神経系 ,  ステロイド ,  プロスタグランジン
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2021 - 2023 授乳期から生涯にわたる母子の健康支援 -母乳の脂質の質と栄養生理学的意義の解明-
  • 2018 - 2021 Development of dysphagia diets added preventive effects on chronic inflammation: Food functionality, Physical property, Physiological examination
  • 2015 - 2018 Assessment of high functionality of Dioscorea japonica and development of dysphagia diet using the yam
  • 2014 - 2016 高度にADMA化されたRPS2の代謝回転システムの解析と病態生理的役割の解明
  • 2012 - 2015 Exploration of food functionality of Dioscorea japonica targeting lipid mediator
Show all
Papers (45):
more...
MISC (100):
  • 津嘉山 泉, 福野 沙也加, 戸田 圭祐, 川上 祐生, 高橋 吉孝, 山本 登志子. ジオスゲニンのプロスタグランジンE2合成系酵素の発現抑制と慢性肝炎に対する改善効果. 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2020. 74回. 181-181
  • 川上 祐生, 吉岡 裕美, 津嘉山 泉, 山本 登志子, 高橋 吉孝. 食品によるアラキドン酸代謝酵素の活性制御に及ぼす加熱の影響. 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2020. 74回. 190-190
  • 長谷川 貴大, 鴻池 優佳, 津嘉山 泉, 山本 登志子, 穂苅 真樹. コンデンサマイクロフォンを用いた嚥下機能の計測と解析. 日本栄養・食糧学会大会講演要旨集. 2020. 74回. 284-284
  • Toshiko SUZUKI-YAMAMOTO. Study on the development of a functional dysphagia diet and creation of a convenient evaluation system for swallowing function. 2020. 27
  • 森 香子, 川上 祐生, 神崎 圭太, 大槻 朱美, 木村 優花, 神治 響, 田中 龍舞, 津嘉山 泉, 北條 奈々, 山本 登志子, et al. 非アルコール性脂肪性肝炎で上昇する12-リポキシゲナーゼアイソザイム. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2019. 92回. [2P-043]
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • 脂質メディエーターとその合成系を標的とした食品機能性
    (日本農芸化学会中四国支部 第29回若手シンポジウム)
  • エイコサノイドの生合成系とその役割 (シンポジウムI「バイオファクターについて考える~生合成・代謝と機能性発現機構を再考する~」)
    (ビタミン 2019)
  • Inhibition of leukotriene synthesis and preventive effects on psoriasis by red rice proanthocyanidin.
    (ASEAN-JAPAN Genome Medicine Research Promotion Conference(AGPC))
  • 慢性炎症を予防する食品機能性の探索
    (第4回日本栄養改善学会四国支部学術総会)
  • 炎症性脂質メディエーター合成系をターゲットとした食品機能性の探索
    (国立研究開発法人産業技術総合研究所特別講演)
more...
Education (4):
  • - 1992 The University of Tokushima
  • - 1992 The University of Tokushima Biochemistry
  • - 1990 The University of Tokushima
  • - 1990 The University of Tokushima Nutrition
Professional career (3):
  • (BLANK) (The University of Tokushima)
  • (BLANK) (The University of Tokushima)
  • (BLANK) (The University of Tokushima)
Work history (7):
  • 2016/04 - 現在 岡山県立大学保健福祉学部栄養学科 教授
  • 2008/04 - 2016/03 岡山県立大学保健福祉学部栄養学科 准教授
  • 2006 - 2008/03 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部 助教
  • 2004 - 2005 The University of Tokushima Institute of Health Biosciences The University of Tokushima Graduate School
  • 1997 - 2003 The University of Tokushima Faculty of Medicine
Show all
Committee career (5):
  • 2021 - 現在 日本農芸化学会中四国支部 参与
  • 2018 - 現在 日本栄養・食糧学会 参与
  • 2018 - 現在 日本脂質生化学会 幹事
  • 2017/12 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2019/04 - 2021/03 岡山県栄養士養成施設協議会 理事
Awards (3):
  • 2015 - 第十回村川技術奨励賞
  • 2006 - 康楽賞
  • 2005 - 岡奨学賞
Association Membership(s) (9):
北米神経科学会 ,  日本ビタミン学会 ,  日本解剖学会 ,  日本生化学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本神経科学会 ,  日本脂質生化学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本栄養・食糧学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page