Rchr
J-GLOBAL ID:200901082499067342   Update date: Feb. 17, 2020

Yamaguchi Takako

ヤマグチ タカコ | Yamaguchi Takako
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (3): Local studies ,  Tourism studies ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (3): vacation rental, Min-paku in Japanese, culture and tourism, from tourism to intercultural communication, homestay ,  rethinking of senior women's travel, living-oriented tourism, rethinking the theory of ""Hosts & Guests"" ,  本質主義的他者表象、異文化間コミュニケーション
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2019 - 2020 再びのアンノン族-「シニア女子旅」考
  • 2015 - 2016 「『異文化誤解』のメディア表象論」研究分担者
  • 2014 - 2015 「『異文化誤解』のメディア表象学の構想:他者との『出会いそこない』に着目した領域横断的研究」研究分担者
  • 2008 - 2009 Research for the Homestay-organization of The Experiment in International Living in US
Papers (11):
  • YAMAGUCHI Takako. From the Mechanism of Vacation Rental (Min-paku in Japanese) to the proposal of "Living-oriented Tourism". Bulletin of the Institute for the Culture of Travel. 2019. 29. 75-87
  • 山口 隆子. 「持続可能な観光に向けてのひとつの提案-鞆の浦をまちあるきで楽しむ-」. 瀬戸内海. 2019. 15. 77. 33-37
  • YAMAGUCHI,Takako. “Culture of Tradition”as the Image-the Case Study of Tea Ceremony and the British Afternoon Tea in Japan. The Toursim Studies of Osaka University of Tourism, Institute of Tourism Studies. 2018. 16. 65-75
  • 山口 隆子. 「ホームステイのメカニズムからの観光再考-日常生活が観光の対象となるとき」. 白川千尋・石森大知・久保忠行編著『多配列思考の人類学-差異と類似を読み解く』. 2016. 179-199
  • YAMAGUCHI Takako. Homestay in Tokyo in 1940 and Its Dynamics : With Reference to Tour Party of Board of Tourist Industry, 2014. Bulletin of the Institute for the Culture of Travel. 2014. NO.24. 85-104
more...
Books (4):
  • Introduction to Tourism:New Edition
    Koyo Shobo 2019 ISBN:9784771031371
  • Introduction to Tourism (the third edition)
    2017 ISBN:9784771028586
  • 『多配列思考の人類学-差異と類似を読み解く』
    風響社 2016 ISBN:9784894892194
  • 『「観光のまなざし」の転回-越境する観光学』
    春風社 2004 ISBN:4861100097
Lectures and oral presentations  (15):
  • 「1940(昭和15)年 開戦前夜の「ホームステイ」-松本亨と組織The Experiment in International Living」
    (第31回アメリカ文化・英語教育研究会 2016)
  • Homestay, English, Hugs and English Nickname--from ""intercultural Exchange at Japanese HomeJoint Presentation;The Rethinking‘public’with LOVE II: memory,language,and multiplicity in everyday life
    (Cultural Typhoon 2016@Tokyo University of Arts 2016)
  • 「観光から交流へ-アメリカで誕生したホームステイ組織The Experiment in International Livingに着目して」
    (第30回アメリカ文化・英語教育研究会 2016)
  • Love based on ""the Visible Difference"": Joint Presentation; ‘Republic’with LOVE and HATE
    (Cultural Typhoon 2015@Osaka 2015)
  • 「『ホームステイのメカニズムを観光人類学から読み解く』ための試論I」
    (2013年度第5回「共創」社会研究会 2014)
more...
Works (5):
  • 「『異文化誤解』のメディア表象論」
    山口 隆子 2015 -
  • 「『異文化誤解』のメディア表象学の構想:他者との『出会いそこない』に着目した領域横断的研究」
    山口 隆子 2014 -
  • ホームステイという異文化への旅とその文化の求め方-アメリカで誕生したホームステイ団体の人類学的考察(旅の文化研究所・第15回公募研究プロジェクト奨励研究)
    山口 隆子 2008 - 2009
  • Institute for the Culture of Travel
    YAMAGUCHI takako 2008 -
  • 総合司会並びに若手研究者の部において発表:神戸大学国際文化学部 異文化研究交流センター主催国際シンポジウム『オセアニア、カリブにおける観光開発と文化』
    山口 隆子 2007 -
Education (3):
  • 2005 - 2012 Kobe University
  • 2003 - 2005 Grad School of Kobe University Master of Phylosophy
  • 1999 - 2003 Nara Prefectural University
Professional career (1):
  • 博士(学術)Ph.D.(Humanities and Sciences) (神戸大学 Kobe University)
Work history (6):
  • 2016/04 - 現在 Osaka University of Tourism Faculty of Tourism Professor
  • 2012/04 - 現在 Kobe Shinwa Women's University
  • 2015/04 - 2016/03 Osaka International University
  • 2015/04 - 2016/03 Osaka Ohtani University Faculty of Phamacy
  • 2012/10 - 2016/03 Kobe Universty Intercultural Research Center(IReC.)
Show all
Committee career (4):
  • 2019/07 - 現在 大阪観光大学 国際交流センター長
  • 2018/05 - 現在 大阪府熊取町 熊取ブランド創造会議委員
  • 2016/04 - 現在 大阪観光大学 国際交流委員会
  • 2014/04 - 2018/03 国立大学法人奈良女子大学附属中等教育学校 学校評議員
Awards (2):
  • 2002/12 - (財)アジア太平洋観光交流センター主催『第8回観光に関する学術研究論文』奨励賞受賞
  • 2002 - 「地域創造に関する全国ネットワーク研究交流会」(主催:奈良県立大学)ポスターセッションの部 学長賞受賞
Association Membership(s) (3):
Japan Institute of Tourism Research ,  The Japanese Society of Cultural Anthiropology ,  カルチュラル・スタディーズ学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page