Rchr
J-GLOBAL ID:200901082811610814   Update date: Aug. 28, 2020

Kato Masato

カトウ マサト | Kato Masato
Affiliation and department:
Job title: Head
Research field  (3): Wood science ,  Museology ,  Cultural properties
Research keywords  (9): 保存修復 ,  文化財 ,  セルロース ,  紙 ,  consevation ,  resoration ,  cultural property ,  cellulose ,  paper
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2008 - 2010 Study on terms for restoration and design of old documents and books
  • 紙を基底材料とする文化財の修復材料の開発と応用
  • 文化財紙試料の分析
  • Study on papermaking mthods of ancient paper
Papers (32):
more...
MISC (22):
more...
Books (7):
  • 「Scientific analysis of pigments and paper of Sanskrit sutras and an Indian medical book from Nepal」(Masato KATO, Atsushi Murai, Kazuyuki ENAMI, Masuchika KOHNO) pp.52-66、「Analysis of morphology and of elements on the paper specimens of the Stein coll・・・
    北京国家図書館出版社 2007 ISBN:9787501334605
  • 「III修復材料・技術の評価と改良・開発」pp.57-65、鈴木規夫編「文化財と科学技術 東京文化財研究所のしごと 」(日本の美術 492号)
    至文堂 2007 ISBN:9784784334926
  • 「Scientific analysis of pigments and paper of Sanskrit sutras and an Indian medical book from Nepal」(Masato KATO, Atsushi Murai, Kazuyuki ENAMI, Masuchika KOHNO) pp.52-66、「Analysis of morphology and of elements on the paper specimens of the Stein colle・・・
    北京国家図書館出版社 2007 ISBN:9787501334605
  • 「EDXを用いた高倍率での元素分布測定における定量性」pp.68-69、「溶液27Al-NMRによるセルロース系繊維へのアルミニウムイオン種の吸着挙動の分析」pp.70-71、「紙中パルプ繊維表面に定着したアルミニウムフロックのSEM観察」pp.130-131、「SEM-EDX分析によるパルプ繊維に定着した試薬の分布分析」pp.132-133、「文化財における紙に残された道具の痕跡の評価方法」pp.202-203、『『紙の分析・観察』ノウハウ集』
    技術情報協会 2006 ISBN:4861041376
  • 「敦煌学へ自然科学的分析の導入」pp.988(167)-973(182)、石塚晴通教授退職記念会 編『日本学・敦煌学・漢文訓読の新展開』
    汲古書院 2005 ISBN:4762935247
more...
Lectures and oral presentations  (15):
  • 近現代の紙の多様性
    (平成29年度一般社団法人国宝修理装潢師連盟第23回定期研修会 2017)
  • 画絹の生糸形状が発色に与える影響
    (文化財保存修復学会第38回大会 2016)
  • シンシナティ美術館所蔵『源氏物語図屏風』修復事例報告
    (文化財保存修復学会第37回大会 2015)
  • キンベル美術館所蔵『二十五菩薩来迎図』修復事例報告
    (文化財保存修復学会第37回大会 2015)
  • 紙本、絹本の修復に使用される補彩絵具の変色
    (文化財保存修復学会第37回大会 2015)
more...
Education (5):
  • 1996 - 2001 東京大学大学院 生物材料科学専攻
  • - 2001 The University of Tokyo Biomaterial Science
  • - 1998 The University of Tokyo Biomaterial Science
  • 1994 - 1996 The University of Tokyo
  • - 1996 The University of Tokyo Department of Forest Products
Professional career (2):
  • Doctor of Agriculture (The University of Tokyo)
  • 修士(農学) (東京大学)
Work history (15):
  • 2017/04 - 現在 National Institutes for Cultural Heritage Tokyo National Research Institute for Cultural Properties Conservation Practice Section
  • 2014/04 - 現在 National Institutes for Cultural Heritage Japan Center for International Coperation in Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo Head of Resource and Systems Research Section
  • 2014/04 - 2017/03 独立行政法人 国立文化財機構 東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 国際情報研究室長
  • 2011/04 - 2014/03 National Institutes for Cultural Heritage Japan Center for International Coperation in Conservation, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo Senior Researcher
  • 2011/04 - 2014/03 独立行政法人 国立文化財機構 東京文化財研究所 文化遺産国際協力センター 主任研究員
Show all
Committee career (3):
  • 2005 - 2018/06 文化財保存修復学会 学会誌編集委員
  • 2012/06 - 2016/06 文化財保存修復学会 理事
  • 2013 - 2016 知覧特攻平和会館 保存検討委員
Association Membership(s) (3):
日本木材学会 ,  日本文化財科学会 ,  文化財保存修復学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page