Rchr
J-GLOBAL ID:200901082989639646   Update date: Aug. 29, 2020

Kato Kuranoshin

カトウ クラノシン | Kato Kuranoshin
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): https://edu.okayama-u.ac.jp/~rika/https://edu.okayama-u.ac.jp/~rika/
Research field  (4): Science education ,  Environmental dynamics ,  Geography ,  Atmospheric and hydrospheric science
Research keywords  (6): 気象教育(気象と音楽等との連携も含む) ,  自然地理学(気候学) ,  気象学・気候学 ,  Meteorological Education incliding joint activity with music and so on ,  Climatology ,  Meteorology
MISC (93):
more...
Books (23):
  • 生きる力を育む学校防災III(分担執筆)
    協同出版 2015
  • 気候と音楽-日本やドイツの春と歌-(共著)
    協同出版 2014
  • 生きる力をはぐくむ学校防災(分担執筆)
    協同出版 2013
  • 「地球温暖化と昆虫」(分担執筆)
    全国農村教育協会 2010
  • 最新地理学用語事典(改訂版) (秋雨前線,集中豪雨,菜種梅雨,寒帯前線帯,秋霖,前線,総観気候学,総観規模,メイストーム,揚子江気団,春雨,の各項目を加藤が担当(合わせると2頁分程度))
    大明堂 2003
more...
Lectures and oral presentations  (236):
  • 梅雨最盛期と盛夏期の東日本における大雨日の降水特性と総観場の気候学的解析(続報)(降水域の南北の広がりにも注目して)
    (2016年度地域地理科学会大会 2016)
  • ドイツと日本の冬から春への季節進行と季節感に関する学際的比較(「ファスナハト」と「節分」に注目して)
    (2016年度地域地理科学会大会 2016)
  • ドイツ文化圏と日本の季節の伝統行事からみる季節感と音楽-ファスナハトと節分を例に-
    (日本音楽表現学会第14回大会 2016)
  • 日本の盛夏期の降水特性と大気場に関する総観気候学的解析
    (日本気象学会春季全国大会 2016)
  • 梅雨最盛期と盛夏期の東日本における大雨日の降水特性と総観場の気候学的解析(降水域の南北の広がりにも注目して)
    (日本気象学会春季全国大会 2016)
more...
Works (3):
  • 中国の地上・地面気象データのグラフ集(季節変化)
  • An annual cycle of surface meteorological variables at stations of China(Meteor. Rep. Geophysicol. Inst. Univ. Tokyo, vol. 187, pp 91
  • An annual cycle of surface meteorological variables at stations of China(Meteor. Rep. Geophysicol. Inst. Univ. Tokyo, vol. 187, pp 91
Education (4):
  • - 1985 The University of Tokyo
  • - 1985 The University of Tokyo
  • - 1979 The University of Tokyo
  • - 1979 The University of Tokyo
Professional career (3):
  • Ph.D (The University of Tokyo)
  • 理学修士 (東京大学)
  • 理学学士 (東京大学)
Work history (10):
  • 1997 - 2010 岡山大学教育学研究科 准教授
  • 1997 - 2010 Associate Professor,Graduate School of Education,Okayama University
  • 2010 - - 岡山大学教育学研究科 教授
  • 2010 - - Professor,Graduate School of Education,Okayama University
  • 1993 - 1997 名古屋大学大気水圏科学研究所 助手
Show all
Committee career (1):
  • 2017 - 地域地理科学会 副会長
Awards (1):
  • 1975 - 日本学生科学賞(読買新聞社主催)
Association Membership(s) (9):
日本沙漠学会 ,  水文・水質源学会 ,  日本音楽教育学会 ,  日本地学教育学会 ,  日本音楽表現学会 ,  地域地理科学会 ,  日本地理学会 ,  日本気象学会 ,  Japan Meteorological Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page