Rchr
J-GLOBAL ID:200901083045888313   Update date: Jul. 29, 2009

Hayashi Masayuki

ハヤシ マサユキ | Hayashi Masayuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.02.246.ne.jp/~mhayashi
Research field  (2): Home economics, lifestyle science ,  Home economics, lifestyle science
Research keywords  (6): 被服生理学 ,  被服材料学 ,  被服整理学 ,  Clothing physiology ,  Textiles and clothing materials ,  Laundering and finishing
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2005 - 代替医療の有用性の検討
  • 2005 - Evaluation of Alternative Medicine
  • 1998 - 中医学
  • 1998 - Chinese Medicine
  • 1980 - 高分子固体の表面張力
Show all
MISC (30):
  • 頚腕症候群診断のチャート. 川村短期大学研究紀要. 2002. 122, 31-32
  • 固体の表面張力と解剖. 全国柔整鍼灸協同組合主催柔整鍼灸臨床研究会・カイロプラクティック講座第3回. 2001
  • 一括委託から自主管理へ. 「第9回マンション・サミット」ヒューマンネットワークマンション・サミット主催. 2001
  • 解剖実習の報告. 全国柔整鍼灸協同組合主催柔整鍼灸臨床研究会・カイロプラクティック講座第5回. 2001
  • 被服整理学学生実験のシステム化 第6報. 川村短期大学研究紀要. 1999. 19. 107-114
more...
Books (8):
  • 医学・医療用語ハンドブック
    建帛社 2005 ISBN:4767936659
  • これならわかる生活科学ハンドブック
    ブレーン出版 2003
  • 衣の科学シリーズ 衣服材料の科学
    建泉社 1999
  • [実践]家政・生活系教育用語辞典(共著)
    ブレーン出版株式会社 1996
  • 高分子材料を基質とする固液界面現象に関する研究
    東京工業大学博士論文 1980
more...
Works (12):
  • 口頭発表「安全ピペッターの習熱のためのパーソナルコンピュータの利用」日本家政学会 第46回大会
    1994 -
  • Oral announcement "The Building Personal Computer System for Acquirement of Handling the Safety Pipetter"at"The 46th. Large Meeting" sponsored by the Japan Society of Home Economics
    1994 -
  • 口頭発表「木綿人工汚染布の洗浄実験のマークカードリーダを利用したシステム化」日本家政学会 第45回大会
    1993 -
  • Oral announcement "Systematization by Markcard Reader for Experiment on Laundering Soiled Cotton Fabic" at "The 45th. Large Meeting" sponsored by the Japan Society of Home Economics
    1993 -
  • 口頭発表「パソコンを利用した剛軟度とポリビニルアルコールの分子量測定」日本私立短期大学協会主催 「平成2年度 私立短大家政系教職員研修会」
    1990 -
more...
Education (2):
  • - 1980 Tokyo Institute of Technology
  • - 1980 Tokyo Institute of Technology
Professional career (3):
  • Engineering Doctor (Tokyo Institute of Technology)
  • Engineering Master (Kyoto Institute of Technology)
  • Technical Associate
Committee career (4):
  • 1997 - 1998 日本家政学会 第30回被服材料学夏季セミナー実行委員
  • 1993 - 1997 日本私立短期大学協会 家政系教育研究委員会委員
  • 1992 - 1994 繊維学会 ISF`94組織委員会
  • 1991 - 1992 日本繊維製品消費科学会 関東支部幹事
Association Membership(s) (4):
繊維学会 ,  日本繊維製品消費科学会 ,  日本家政学会 ,  日本私立短期大学協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page