Rchr
J-GLOBAL ID:200901083322708352   Update date: Jul. 27, 2021

Yasuhiro Omi

オミ ヤスヒロ | Yasuhiro Omi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): https://sites.google.com/view/omilab/tophttps://sites.google.com/view/omilab/top/english
Research field  (2): Social psychology ,  Educational psychology
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2021 新型コロナウイルスの流行に伴う時限的な社会規範の導入が部活の特殊性に与える影響
  • 2017 - 2020 A cultural psychological approach to extracurricular sport activities in Japan which can have negative effects to youth development
  • 2018 - 2019 いじめ撲滅及び社会活動等及び付帯する研究の実施
  • 2014 - 2017 中学生のスポーツ指導に関する文化心理学的アプローチ
  • 2008 - 2009 「森林と食と温泉を活用した滞在型健康プログラムの作成」
Show all
Papers (6):
  • 尾見康博. 諸外国における課外活動から見た日本の部活. 学校メンタルヘルス. 2019. 22. 40-42
  • 藤崎達也, 尾見康博. エリート選手育成機関としてとらえた際の部活制度の現状と問題点. 札幌国際大学紀要. 2019. 50. 123-126
  • 日本の部活の特殊性. 心と社会. 2019. 175. 115-119
  • 尾見康博, 廣瀬文哉. 生徒の自主性や自発性を妨げる部活という仕組み-退部経験者の組織コミットメントの観点から-. 教育実践学研究. 2019. 24. 1-10
  • Kazuko Takeo, Kiyoshi Jinno, Sawako Suzuki, Charlie Lewis, Yasuhiro Omi. Structures and issues of PTA in Socio-culltural context in Japan, USA and UK: Research presented and future view discussed at 2016 ICP symposium. Studies in Liberal Arts and Sciences. 2017. 49. 183-208
more...
MISC (1):
  • Kazuko Takeo, Yasuhiro Omi, Charlie N. Lewis. Structures and issues of PTA in socio-cultural context in democratic countries of Japan, USA, and UK. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 455-455
Books (34):
  • 「使える英語」はなぜ身につかないか
    金子書房 2020 ISBN:9784760828470
  • 自著を語る「日本の部活:文化と心理・行動を読み解く」
    日本心理学会 2020
  • なぜなんだろう・・・意外に難しい?個性を生かすという導き
    日本スポーツ協会 2019
  • ワークで学ぶ学校カウンセリング
    ナカニシヤ出版 2019
  • 日本の部活(BUKATSU):文化と心理・行動を読み解く
    ちとせプレス 2019 ISBN:9784908736117
more...
Lectures and oral presentations  (29):
  • What are the subjective conditions supporting the care and support of people with severe disabilities? 2): Lessons from professionals.
    (11th International Conference on the Dialogical Self 2021)
  • 重度障害児・者をケアすることの意味(1):対話的自己論 から福祉援助職の体験を読み解く
    (日本質的心理学会第17回大会 2020)
  • 重度障害児・者をケアすることの意味(2):対話的自己論から障害者家族の体験を読み解く
    (日本質的心理学会第17回大会 2020)
  • 『主体的・対話的で深い学び』を実現するための働き方改革のあり方とは
    (日本教育大学協会教育心理学部門主催シンポジウム 2020)
  • 学校の日常を見える化する:持続可能な教育を求めて
    (日本パーソナリティ心理学会第29回大会 2020)
more...
Professional career (4):
  • MA in Psychology (Tokyo Metropolitan University)
  • 修士(心理学) (東京都立大学)
  • Ph.D. (Graduate School of Humanities, Tokyo Metropolitan University)
  • 博士(心理学) (東京都立大学大学院人文科学研究科)
Committee career (21):
  • 2021/01 - 2023/12 日本教育心理学会 『教育心理学研究』編集委員
  • 2015/06 - 2021/06 日本心理学会 理事
  • 2018/11 - 2019/10 日本心理学会「Japanese Psychological Research」編集委員会 編集委員長
  • 2016/09 - 2019/09 日本パーソナリティ心理学会 常任編集委員
  • 2018/04 - 2019/03 日本教育心理学会 『教育心理学年報』編集委員長
Show all
Awards (2):
  • 2020/10/24 - 日本質的心理学会第17回大会 優秀大会発表賞 重度障害児・者をケアすることの意味(1):対話的自己論 から福祉援助職の体験を読み解く
  • 2020/02/26 - MAXQDA International Conference 2020 Best Poster Award How are we getting pleasure from living with people with severe disabilities?: An analysis of family caregivers' narratives on their adolescence
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page