Rchr
J-GLOBAL ID:200901083908577729   Update date: Feb. 24, 2017

Hirano Kazuhiko

ヒラノ カズヒコ | Hirano Kazuhiko
Affiliation and department:
Research field  (7): History - Asia/Africa ,  Local studies ,  Literature - Chinese ,  Aesthetics and art studies ,  Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist ,  Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist ,  History of thought
Research keywords  (15): 日中人物交流史 ,  康有為研究 ,  中国詩書画 ,  中国哲学 ,  異文化理解 ,  異文化交流 ,  美術史 ,  美学 ,  近代化 ,  東アジア ,  中国 ,  近代 ,  思想史 ,  Cultural exchange ,  The theory of Modern Chinese Art and Calligraphy
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2015 - 2019 東アジア近代化の地域論的比較思想研究ー新出の康有為自筆資料に見る21世紀的課題
  • 近代日中文化交流
  • 中国近代文人の詩論と詩
  • Cultural exchange of Japan and China of modern ages
  • Chinese modern ages writer's poetry and poetics
Show all
Papers (26):
  • 平野 和彦. 細井廣澤與其時代-文衡山影響日本近世書壇之一側面. 台湾明道大学国学研究所『元明書法国際学術討論会論文集』. 2013. 269-291
  • 平野 和彦. 康有為と日本郵船の便箋をめぐって. 山梨国際研究. 2013. 8. 103-112
  • 平野 和彦. 沙孟海早期書法学与其学術背景反思. 沙孟海論壇・浙江省書法家協会編・浙江古籍出版社. 2010. 95-105
  • 平野 和彦. 『東亜新字』と『広芸舟双楫』. 山梨国際研究. 2010. 5
  • 平野 和彦. 中村不折與前田黙鳳-日本書道走向現代之時代背景反思. 華梵大学「書法與現代社会」国際学術研討会論文集. 2009. 101-130
more...
MISC (40):
  • 平野 和彦. 日中英言語対照に係る試論(2)ー村上春樹著『かえるくん、東京を救う』を中心にー. 『山梨国際研究』山梨県立大学国際政策学部紀要. 2015. 10. 1-8
  • 平野 和彦. 用漢語来読村上春樹ー試探村上思想所構成的“生”. 大連外国語大学『東北亜外語研究』編集部主催「莫言与村上春樹比較研究国際学術研討会」会議手冊. 2014. 16-16
  • 平野 和彦. 他山之石「中村不折與前田黙鳳-日本書道走向現代之時代背景反思」(下). 中華書道. 2010. 67. 27-37
  • 平野 和彦. 他山之石「中村不折與前田黙鳳-日本書道走向現代之時代背景反思」(中). 中華書道. 2009. 66. 19-38
  • 平野 和彦. 他山之石「中村不折與前田黙鳳-日本書道走向現代之時代背景反思」(上). 中華書道. 2009. 65. 35-52
more...
Books (15):
  • 『尚古與尚態』元明書法研究論集
    萬巻樓図書股份有限公司 2013
  • 沙孟海論壇曁中国書法史学国際学術研討会論文集
    浙江古籍出版社 2010
  • 感知中国(中級中国語テキスト)
    駿河台出版社 2007
  • 中国語ブリッジをわたろう(初級中国語テキスト)
    駿河台出版社 2007
  • 中国語スタイルでいこう(初級・中級中国語テキスト)
    駿河台出版社 2004
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • 用漢語来読村上春樹文学ー詩探村上思想所構成的「生」
    (大連外国語大学『東北亜外語研究』編集部主催「莫言与村上春樹比較研究国際学術研討会」 2014)
  • 沙孟海早期書法学与其学術背景反思
    (沙孟海論壇曁中国書法国際学術研討会 2010)
  • 「書法與当代社会」パネルディスカッションパネラー
    (華梵大学「書法與現代社会」国際学術研討会 2009)
  • 中村不折與前田黙鳳-日本書道走向現代之時代背景反思
    (台湾華梵大学「書法與現代社会」国際学術研討会 2009)
  • 康有為的中華文化史観所影響到現代之関鍵問題
    (康有為生誕150周年記念「康有為与改革創新」学術研討会 2008)
more...
Education (6):
  • 1985 - 1989 University of Tsukuba
  • - 1989 University of Tsukuba
  • 1986 - 1988 浙江美術学院(中国政府奨学金留学生)
  • 1983 - 1984 Tokyo Gakugei University
  • 1979 - 1983 Tokyo Gakugei University
Show all
Professional career (1):
  • Art study Master (University of Tsukuba)
Work history (10):
  • 2004/04 - 現在 Yamanashi Prefectural University Faculty of Global Policy Management and Communications, Department of International Studies and Communications
  • 1995/04 - 現在 日本大学法学部 非常勤講師(中国語II.演習II.演習III) 法学部 非常勤講師
  • 1998/04 - 2004/03 Yamanashi Women's Junior College
  • 1994/04 - 2002/03 Otsuma Women's University Faculty of Language and Literature
  • 1991/04 - 1998/03 群馬女子短期大学国文学科 国文学科 専任講師
Show all
Association Membership(s) (4):
無窮会 ,  書論研究会 ,  中国文化学会 ,  日本中国学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page