Rchr
J-GLOBAL ID:200901084104653720   Update date: Oct. 22, 2020

CHINO Kimiho

チノ キミホ | CHINO Kimiho
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Science education ,  Primary/secondary education and curricula
Papers (17):
  • Bokhove, C, Miyazaki, M, Komatsu, K, Chino, K, Leung, A, Mok, I. A. C. The role of “opportunity to learn” in the geometry curriculum: A multilevel comparison of six countries. Frontiers in Education. 2019. 4:63
  • Miyazaki, M, Nagata, J, Chino, K, Sasa, H, Fujita, T, Komatsu, K, Shimizu, S. Curriculum Development for Explorative Proving in Lower Secondary School Geometry: Focusing on the Levels of Planning and Constructing a Proof. Frontiers in Education. 2019. 4:31
  • Miyazaki, M, Nakagawa, H, Chino, K, Iwata, K, Komatsu K, Fujita, T. Domain-specific frameworks for curriculum development of explorative proving in junior high school mathematics. Proceedings of the School mathematics curriculum reforms: Challenges, changes and opportunities (ICMI Study 24). 2018. 269-276
  • 谷塚光典, 伏木久始, 上村惠津子, 酒井英樹, 畔上一康, 三崎隆, 西一夫, 茅野公穗, 青木一, 市川公明, et al. 教職大学院における附属学校園と連携した新任教員研修プログラムの開発. 研究年報. 2018. 36. 201-212
  • 茅野公穂, 清水あかね. 課題探究として証明することを実現する指導法開発: 第1学年の小単元「基本的な作図」. 日本数学教育学会『第5回春期研究大会論文集』. 2017. 15-20
more...
MISC (2):
  • 茅野公穂. 図形領域が目指す新しい授業づくり. 新しい算数研究. 2018. 575(12月号). ,8-11
  • 茅野公穂. 新学習指導要領の数学的活動: イ 数学の事象から見通しをもって問題を見いだし解決したり,解決の過程や結果を振り返って統合的・発展的に考察したりする活動. 教育科学数学教育. 2017. No. 717. 15-19
Books (3):
  • 長さ・重さ・時間と時刻
    科教育学研究会(編), 『新版 算数科教育研究』(pp. 115-121), 東洋館出版社 2019 ISBN:9784491036816
  • 第1学年 B 図形, 第2学年 B 図形, 第3学年 B 図形
    永田潤一郎 (編), 『平成29年改訂 中学校教育課程実践講座 数学』(第1学年 B 図形 (pp. 69-76), 第2学年 B 図形 (pp. 98-106), 第3学年 B 図形 (pp. 128-135)), ぎょうせい 2018 ISBN:9784324103203
  • History of lesson study to develop good practice in Japan
    In M. Inprasitha, M. Isoda, B. H. Yeap, & P. Wang-Iverson (Eds.), Lesson Study: Challenges in Mathematics Education (pp. 123-140), World Scientific 2015 ISBN:9789812835406
Lectures and oral presentations  (14):
  • The role of ‘opportunity to learn’ in the geometry curriculum: A multilevel comparison of six countries
    (2019 American Educational Research Association Annual Meeting 2019)
  • 実生活で有機的に活用できる資質・能力を育てる科学教育カリキュラムの開発(1): 小学校低学年かがくにおける実践を事例に
    (日本理科教育学会『第68回全国大会』 2018)
  • 学校拠点方式におけるフィールドワーク型演習のカリキュラムの工夫と課題
    (平成29年度日本教育大学協会研究集会 2017)
  • 領域固有な方法知を生成しようとする態度を養うタスクデザイン: オープンな場面で証明することを例として
    (日本科学教育学会『第41回年会』 2017)
  • 中学校数学における課題探究として証明することの授業化: 第1学年の小単元「基本的な作図」
    (日本科学教育学会『第39回年会』 2015)
more...
Education (3):
  • - 2005 筑波大学大学院博士課程教育学研究科(学校教育学専攻)
  • - 1994 筑波大学大学院修士課程教育研究科(教科教育専攻)
  • - 1992 Shinshu University
Professional career (2):
  • Master (Education) (University of Tsukuba)
  • Master (Education) (University of Tsukuba)
Work history (5):
  • 2016/10 - 信州大学学術研究院(教育学系)教授
  • 2014/04 - 2016/09 信州大学学術研究院(教育学系)准教授
  • 2009/04 - 2014/03 Shinshu University Faculty of Education
  • 2007/10 - 2009/03 Kokushikan University Physical Education
  • 2005/04 - 2007/09 筑波大学大学院人間総合科学研究科研究員
Committee career (5):
  • 2012/08 - 2019/06 日本数学教育学会 長野県地区代議員
  • 2016/07 - 日本科学教育学会 編集委員会幹事
  • 2008/07 - 2012/06 日本科学教育学会 年会企画委員会委員
  • 2008/07 - 2012/06 日本科学教育学会 広報幹事
  • 2009/11 - 日本数学教育学会 「算数教育」編集幹事
Association Membership(s) (6):
日本数学教育史学会 ,  Japan Society for School Mathematics Education ,  Japan Society of History of Mathematics Education ,  International Group for the Psychology of Mathematics Education ,  Japan Society for Science Education ,  Japan Society of Mathematical Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page