Rchr
J-GLOBAL ID:200901084265272174   Update date: Mar. 25, 2021

Mikami Naoyuki

ミカミ ナオユキ | Mikami Naoyuki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (1):
  • Hokkaido University  Graduate School of Science Department of Natural History Sciences   Associate Professor
Homepage URL  (1): https://nmikami.hatenablog.com/
Research field  (4): Environmental policy and society ,  Science education ,  Sociology ,  Sociology/history of science and technology
Research keywords  (17): ミニ・パブリックス ,  社会学 ,  大学公開講座 ,  合意形成 ,  環境保全 ,  ガバナンス ,  生涯学習 ,  テクノロジーアセスメント ,  討論型世論調査 ,  環境政策 ,  市民参加 ,  コンセンサス会議 ,  環境社会学 ,  科学技術社会論 ,  サイエンス・コミュニケーション ,  科学技術コミュニケーション ,  科学コミュニケーション
Research theme for competitive and other funds  (22):
  • 2020 - 2023 Designing climate citizens' assemblies for just transition
  • 2019 - 2023 福島における分断修復学の創成:多様な選択を可能にする社会を求めて
  • 2019 - 2022 Promotive, inhibition factor of collaborative open space management with citizens
  • 2019 - 2022 Research on development of science and technology communication method using drama and evaluation of educational effect
  • 2017 - 2021 Governance of Renewable Energy Project
Show all
Papers (37):
more...
MISC (36):
  • 三上直之. 気候市民会議と民主主義の刷新. 環境と文明. 2021. 29. 3. 7-8
  • 三上 直之. 欧州の市民が議論した「新型コロナと気候変動」. 科学. 2020. 90. 12. 1087-1093
  • 三上直之, 関口裕士(聞き手). <各自核論>緊急事態宣言 目的と効果の検証必要. 北海道新聞(朝刊全道版). 2020. 6
  • 三上直之. 気候変動と民主主義:欧州で広がる気候市民会議. 世界. 2020. 933. 174-183
  • Masashi Tachikawa, Naoko Kato, Naoyuki Mikami. Regulation and consumer acceptance related to gene edited crops : How consumers perceive gene edited crops?. Agricultural biotechnology. 2019. 3. 6. 538-541
more...
Books (19):
  • リスク社会における市民参加
    放送大学教育振興会 2021 ISBN:9784595141508
  • The Challenge of STS 2 Case Studies
    2020
  • Handbook of Democratic Innovation and Governance (Stephen Elstub and Oliver Escobar eds.)
    Edward Elgar 2019 ISBN:9781786433855
  • 脱炭素社会への転換と生活の質に関する市民パネル 報告書(第2版)
    脱炭素社会への転換と生活の質に関する市民パネル 実行委員会 2019
  • Deliberating on Genome-edited Crops
    2019 ISBN:9784894769816
more...
Lectures and oral presentations  (79):
  • 市民参加による議論の場をどうつくるか:無作為抽出型の参加手法を中心に
    (原発ゼロ自然エネルギー100世界会議〜福島原発事故から10年〜 2021)
  • 政策形成への市民参加における「参加・熟議的手法」の適用:欧州で始まった気候市民会議の手法面での背景を探る
    (第2回 脱炭素地域市民討議に関するオンラインセミナー 2021)
  • 気候市民会議でおこす脱炭素社会への議論
    (第4回SDGs研究会 2021)
  • 気候市民会議:「全国初」の試行とその背景
    (第2回京都府地球温暖化防止活動推進連絡調整会議 2021)
  • 「気候市民会議さっぽろ2020」について:「全国初」の試行とその背景
    (脱炭素地域市民討議に関するオンラインセミナー 2021)
more...
Education (3):
  • 2001 - 2005 The University of Tokyo Doctoral Course, Department of Socio-Cultural Environmental Studies
  • 1999 - 2001 The University of Tokyo Master Course, Environmental Studies
  • 1992 - 1996 The University of Tokyo Department of Sociology
Professional career (1):
  • PhD (environmental studies) (The University of Tokyo)
Work history (4):
  • 2010/10 - 現在 Hokkaido University Institute for the Advancement of Higher Education Associate Professor
  • 2008/11 - 2010/09 Hokkaido University Center for Research and Development in Higher Education Associate Professor
  • 2007/04 - 2008/10 Hokkaido University Communicators in Science and Technology Education Program (CoSTEP) Associate Professor
  • 2005/10 - 2007/03 北海道大学 科学技術コミュニケーター養成ユニット(CoSTEP) 特任助教授
Committee career (15):
  • 2015/07 - 現在 一般社団法人環境政策対話研究所 理事
  • 2015/04 - 現在 科学技術社会論学会 理事
  • 2012/05 - 現在 環境省 北海道環境パートナーシップオフィス運営協議会委員
  • 2018/08 - 2020/08 札幌市 環境影響評価審議会 委員
  • 2012/03 - 2020/05 北海道教育委員会 北海道生涯学習審議会委員
Show all
Awards (1):
  • 2014/04 - 文部科学省 平成26年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞 理解増進部門 アウトリーチ活動とそれを担う人材の育成を統合した理解 増進
Association Membership(s) (6):
International Sociological Association ,  関東社会学会 ,  日本社会学会 ,  環境社会学会 ,  科学技術社会論学会 ,  Society for Social Studies of Science
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page