Rchr
J-GLOBAL ID:200901084837353600   Update date: Apr. 07, 2021

Hisao Nishikawa

ニシカワ ヒサオ | Hisao Nishikawa
Affiliation and department:
Job title: Professor
Papers (39):
  • NISHIKAWA HISAO. 本物、偽物. 三色旗. 2011
  • NISHIKAWA HISAO. ウィーン国立歌劇場公演《フィガロの結婚》解説. NHK-FM サンデークラシックワイド 海外オペラアワー(2011年6月12日放送). 2011
  • NISHIKAWA HISAO. 「危機の時代」のモーツァルト. 新国立劇場パンフレット(新制作 ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト コジ・ファン・トゥッテ公演. 2011. 21-24
  • NISHIKAWA HISAO. 《ジュピター交響曲》の誕生 モーツァルトのバッハ・ヘンデル体験. シンフォニー(東京交響楽団機関誌). 2011. 16
  • NISHIKAWA HISAO. モーツァルト《ト短調交響曲》K. 550の“Corrupt Passage”再考. 新モーツァルティアーナ 海老澤敏先生傘寿記念論文集. 2011
more...
Books (17):
  • 新モーツァルティアーナ 海老澤敏傘寿記念論文集
    東京、音楽之友社 2011
  • 『進化するモーツァルト』(樋口隆一編)
    東京、春秋社 2007
  • モーツァルト名盤大全
    東京、音楽之友社 2006
  • 『モーツァルト全作品事典』
    東京、音楽之友社 2006
  • 『モーツァルト』
    東京、音楽之友社 2005
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • 音楽創造の現場 -モーツァルトの手稿譜を例に
    (慶應義塾大学アートセンター・キックオフシンポジウム:対話型アーカイヴの可能性 2009)
  • モーツァルトの断片作品とマクシミリアン・シュタードラー
    (日本モーツァルト研究所10周年記念ラウンド・テーブル:モーツァルトにおける完成と未完成 2009)
  • 音楽アーカイヴと楽譜資料研究
    (慶應義塾大学アートセンター・シンポジウム:アーティストはアーキヴィスト 2006)
  • ラノワ・コレクション(グラーツ)のモーツァルト資料
    (モーツァルト生誕250年記念国際シンポジウム:モーツァルトの大衆性 2006)
  • Die Bassbesetzung in den Serenaden, Divertimenti und Notturni von Michael Haydn
    (Johann Michael Haydn: Werk und Wirkung. Symposion anlaesslich des 200. Todestages von Johann Michael Haydn 2006)
more...
Education (2):
  • 1995 - Keio University
  • 1990 - Keio University
Professional career (2):
  • 哲学 (慶應義塾大学文学研究科)
  • 哲学 (慶應義塾大学文学研究科)
Work history (2):
  • 2011/04 - 現在 大学教授(文学部)
  • 2000/04 - 現在 大学助教授(文学部)
Committee career (4):
  • 日本音楽学会 会員
  • 美学会 東部会幹事
  • 日本音楽学会 会員
  • 美学会 東部会幹事
Association Membership(s) (2):
日本音楽学会 ,  美学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page