Rchr
J-GLOBAL ID:200901084994726061   Update date: Jun. 16, 2019

Nakanishi, Miwa

ナカニシ ミワ | Nakanishi, Miwa
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Social systems engineering/Safety system
Research keywords  (1): Ergonomics, Human Factors, Design Science
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2014 - 2017 安全管理活動の成熟化にビッグデータを活用する:モチベーションを持続させる情報提供
  • 2011 - 2013 「好奇心」を誘発するプロダクト・サービスのデザイン手法開発
  • 2008 - 2010 強化現実(AR)を用いた作業マニュアルの実用化に向けたヒューマンファクター的研究
Papers (49):
  • Kanzaki S., Ohtsubo T., Nakamura S., Matsuba Y., Nakanishi M. Comparison of rearview options for drivers using a virtual 3-D simulation. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2019. 827. 169-179
  • Teranishi K., Ohtsubo T., Nakamura S., Matsuba Y., Nakanishi M. Effects of differences in vision upon drivers’ spatial cognition:: Focus on the subjective and objective viewpoints. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2019. 827. 159-168
  • Kubo N., Nakanishi M. In What Conditions Do People Adopt “Resilient” Behavior for Safety?: Experimental Study for Safety - II. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2019. 819. 509-516
  • Mekata Y., Takeuchi S., Yamamoto T., Kamiya N., Suzuki T., Nakanishi M. Proposal and Verification of a Method for Maintaining Arousal by Inducing Intrinsic Motivation: Aiming at Application to Driving of Automobiles. Advances in Intelligent Systems and Computing. 2019. 819. 274-284
  • 目片悠貴,武内秀平,山本恒行,神谷直城,鈴木隆司,中西美和. 内発的動機づけの誘発による覚醒維持手法の提案と効果の実験的検証. 自動車技術会論文集. 2019. 50. 4
more...
MISC (1):
  • 小谷賢太郎,三樹弘之,小林大二,中西 美和,鳥居塚崇,飯塚重善,岡田明,山本栄. 特集1:分野別人間工学の現状と将来(8) -触覚インタラクション開発の現状について:ISO9241-910による場面分類と関連研究の動向-. 日本人間工学会誌. 2014. 50. 5. 215-222
Patents (1):
  • WEARABLE DISPLAYS, METHODS, AND COMPUTER-READABLE MEDIA FOR DETERMINING DISPLAY CONDITIONS
Books (7):
  • 人間工学の百科事典
    丸善 2005
  • The Horizon of Virtual and Augmented Reality
    IN-TECH 2010
  • 現場安全の技術 -ノンテクニカルスキル・ガイドライン-
    海文堂 2012
  • 社会技術システムの安全分析 -FRAMガイドブック
    海文堂 2013
  • 実践レジリエンスエンジニアリング
    海文堂 2014
more...
Lectures and oral presentations  (149):
  • ヒューマン・マシン・インタフェースとしての音声入力デバイスの可能性に関する実験的検討
    (日本人間工学会第41回大会 2000)
  • An Experimental Study on Potentiality of Voice Input Device for Human-Machine Interface in Industrial Plants
    (Proceedings of the 9th International Conference on HCI (Human Computer Interaction) 2001)
  • 大型画面作業におけるヒューマンファクターズ
    (日本人間工学会第31回関東支部大会 2001)
  • A Study on Effects of a Large-Sized Display on Human Emotion in VDT Works
    (IEEE International Symposium on Consumer Electronics 2002)
  • VDT Works with Voice Input Devices in Industrial Plants -The Characteristics of the Control of Dynamical System-
    (The 6th International Scientific Conference on WWDU (Work with Display Units) 2002)
more...
Education (3):
  • 1996 - 2000 慶應義塾大学 理工学部 管理工学科
  • 2000 - 2002 慶應義塾大学 理工学研究科 開放環境科学専攻
  • 2002 - 2004 慶應義塾大学 理工学研究科 開放環境科学専攻
Professional career (1):
  • 博士(工学) (Keio University)
Work history (9):
  • 2003/10/01 - 2004/09/30 慶應義塾嘱託(非常勤)(21世紀COEプログラム) RA
  • 2004/10/01 - 2005/03/31 慶應義塾大学 准訪問研究員
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 東京理科大学 助手
  • 2005/04/01 - 2007/03/31 東京理科大学 助手
  • 2007/04/01 - 2008/03/31 東京理科大学 助教
Show all
Committee career (18):
  • 2017/04/01 - 現在 文部科学省調査・安全小委員会 委員
  • 2016/07 - 現在 日本人間工学会 総務理事
  • 2016/02/29 - 現在 運輸安全委員会 委員(非常勤)
  • 2015/04/01 - 現在 国土交通省鉄道局 企画競争有識者委員会 委員
  • 2015/04/01 - 現在 国土交通省鉄道局 技術基準検討会 委員
Show all
Awards (1):
  • 2014/06/05 - 日本人間工学会 日本人間工学会研究奨励賞 マニュアルのメディア形態が作業手順の学習に及ぼす影響:媒体の違い及びコンテンツの違いに焦点を当てて(人間工学, 49巻, 3号, pp. 132-143)
Association Membership(s) (9):
日本建築学会 ,  自動車技術会 ,  日本生理人類学会 ,  PPCOE(Pan-Pacific Council on Ergonomics) ,  産業保健人間工学会 ,  ヒューマンインタエース学会 ,  安全工学会 ,  日本人間工学会 ,  日本プラント・ヒューマンファクター学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page