Rchr
J-GLOBAL ID:200901085100029123   Update date: Mar. 04, 2021

tomoki kihira

tomoki kihira
Affiliation and department:
Job title: 教授
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (4): 持続可能性 ,  観光 ,  環境倫理学 ,  現象学
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2017 - 現在 現象学的方法による観光の倫理的問題の明確化ー観光倫理学の構築にむけて
  • 2012 - 2016 定常型社会におけるケアとそのシステム
  • 2008 - 2011 自然の資本化の現象学-「持続可能な開発」の倫理に向けて
Papers (25):
  • 紀平知樹. 観光経験の現象学的考察. フッサール研究. 2020. 17. 1-17
  • 紀平知樹. 環境アイコンの生成と価値の調整. 倫理学研究. 2018. 48. 18-27
  • The environment as the base of Life and the limit of the concept of weak sustainability. 2017. 31. 45-63
  • Taotal Pain as a Narrative. Journal of Hyogo University of Health Sciences. 2015. 2. 2
  • 上村崇, 神崎宣次, 紀平知樹, 小城拓理, 本田康二郎. 初年次教育における哲学・倫理学教育の重要性. 大学教育論叢. 2015. 創刊号. 97-106
more...
Books (10):
  • 環境倫理学
    昭和堂 2020
  • 哲学ワールドの旅
    晃洋書房 2018
  • 医療を学ぶあなたへ
    二瓶社 2017
  • 医療概論
    二瓶社 2014
  • ドキュメント臨床哲学
    大阪大学出版会 2010
more...
Lectures and oral presentations  (27):
  • 観光経験と意味の再創造-意志行為の現象学の観点から
    (観光学術学会第8回大会 2019)
  • 農観連携における観光の倫理的問題
    (応用哲学会第11回年次大会 2019)
  • 観光経験の現象学的考察
    (フッサール研究会17回大会 2019)
  • 患者の権利と人生の最終段階における意思決定
    (ターミナルケア講座 2018)
  • Phenomenology of Tourist Experiences
    (2018)
more...
Work history (13):
  • 2020/04 - 現在 University of Hyogo College of Nursing Art and Sience
  • 2012/04 - 現在 Part-time researcher for university or other academic organization
  • 2011/09 - 現在 Part-time researcher for university or other academic organization
  • 2015/04 - 2020/03 Professor
  • 2014/04 - 2020/03 Part-time researcher for university or other academic organization
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page