Rchr
J-GLOBAL ID:200901085122847130   Update date: Feb. 22, 2022

Inoue Mizuki

イノウエ ミズキ | Inoue Mizuki
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Ecology and environmental science ,  Forest science
Research keywords  (4): 植物生態学 ,  Ecology ,  保全生物学 ,  森林生態学
Papers (26):
more...
MISC (20):
  • 井上みずき, 伊東宏樹, 山崎理正, 福本繁, 岡本勇貴, 甲木勝也, 福島慶太郎, 境優, 阪口翔太, 藤木大介, et al. 状態空間モデルを用いたシカ個体群の季節変動と年変動. 日本森林学会大会学術講演集. 2020. 131st
  • 福島慶太郎, 井上みずき, 山崎理正, 阪口翔太, 高柳敦, 境優, 中川光, 平岡真合乃, 吉岡憲成, 池川凛太郎, et al. Verification of watershed-scale deer fence for conservation of ecosystem functions and its practicality for efficient maintenance in a cool-temperate natural forest in Ashiu, central Japan -Ashiu Biological Conservation (ABC) Project-. 自然保護助成基金助成成果報告書(Web). 2020. 29
  • 相場寿秀, 山崎理正, 高柳敦, 藤木大介, 井上みずき, 福島慶太郎, 境優, 阪口翔太. 大規模防鹿柵は森林性のアリに影響するのか?-設置後10年で見えた変化-. 日本生態学会大会講演要旨(Web). 2018. 65th. ROMBUNNO.P2-154 (WEB ONLY)
  • 星崎和彦, 太田和誠, 太田和誠, 中林優季, 中林優季, 井上みずき, 松下通也, 蒔田明史, 坂田ゆず, 小林一三. 北限の松枯れの特徴を踏まえた省力的防除体制:科学的検証と秋田の市民ボランティアによる15年間の実践. 日本森林学会大会学術講演集. 2017. 128th. 74
  • 井上 みずき. Comments on volunteering in Sumiyaki-de-Yuhi-no-Matsubara Mamoritai. 秋田県立大学ウェブジャーナル. A, 地域貢献部門 = Akita Prefectural University web journal. 秋田県立大学ウェブジャーナル編集委員会 編. 2017. 4. 121-124
more...
Books (1):
  • 昆虫科学が拓く未来 (分担) 案外したたか?環境が激変した森でのトラマルハナバチの遺伝的多様性
    京都大学学術出版会 2009
Education (3):
  • 2003 - 2006 Kyoto University
  • 2001 - 2003 京都大学大学院 森林科学
  • - 2001 Kyoto University
Professional career (2):
  • Master(Agriculture) (Kyoto University)
  • 博士(農学) (京都大学)
Work history (3):
  • 2016/04 - 現在 Nihon University College of Humanities and Sciences
  • 2008/04 - 2016/03 Akita Prefectural University Department of Biological Environment, Faculty of Bioresource Sciences Assistant professor
  • 2006/04 - 2008/03 京都大学大学院 COE研究員
Association Membership(s) (3):
日本生態学会 ,  日本森林学会 ,  種生物学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page