Rchr
J-GLOBAL ID:200901085295580090   Update date: Jan. 20, 2021

Sakurai Hideyuki

サクライ ヒデユキ | Sakurai Hideyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.pmrc.tsukuba.ac.jp/http://www.pmrc.tsukuba.ac.jp/
Research field  (1): Radiology
Research theme for competitive and other funds  (27):
  • 2019 - 2022 局所限局性前立腺癌中リスク症例に対する陽子線治療の多施設共同臨床試験と局所限局性前立腺癌に対する強度変調放射線治療の多施設前向き観察研究
  • 2019 - 2022 人工知能(AI)を利用した放射線治療の影響予測に関する基盤的研究
  • 2020 - 2021 ハイパーサーミアの安全利用マニュアルの作成
  • 2020 - 2021 小児およびAYA世代の横紋筋肉腫患者に対するリスク層別化臨床試験実施による標準的治療法の開発
  • 2017 - 2020 放射線治療の効果予測のためのビッグデータ解析共同研究事業
Show all
Papers (812):
  • 飯泉天志, 奥村敏之, 関野雄太, 長谷川直之, 石毛和紀, 福田邦明, 高橋一広, 沼尻晴子, 水本斉志, 中井啓, et al. 尾状葉肝細胞癌に対する陽子線治療の成績. 第56回日本肝癌研究会 プログラム・抄録集. 2020. 189
  • 福光延吉, 美馬正幸, 出水祐介, 副島俊典, 長谷川直之, 石毛和紀, 福田邦明, 飯泉天志, 沼尻晴子, 奥村敏之, et al. Outcome of proton beam therapy for elderly liver cancer patients aged higher than 90. 第56回日本肝癌研究会 プログラム・抄録集. 2020. 189
  • Tsai, Yu-Lun, Takei, H, Iizumi, T, Okumura, T, Sekino, Y, Numajiri, H, Ishikawa, H, Sakae, T, Sakurai, Hideyuki. Capacity of proton beams in preserving normal liver tissue during proton beam therapy for hepatocellular carcinoma. Journal of Radiation Research. 2020. 62. 1. 133-141
  • Yuichi, Hiroshima, Nobuyoshi, Fukumitsu, Takashi, Saito, Haruko, Numajiri, Keiko, Murofushi, Kayoko, Ohnishi, Masashi, Mizumoto, Kei, Nakai, Hitoshi, Ishikawa, Toshiyuki, Okumura, et al. Long survivors' nature of pancreatic cancer treated with chemoradiotherapy using photon or proton. Radiotherapy and Oncology. 2020. 150. Suppl 1. S571
  • Takashi, Iizumi, Toshiyuki, Okumura, Yuta, Sekino, Haruko, Numajiri, Masashi, Mizumoto, Kei, Nakai, Hitoshi, Ishikawa, Sakurai, Hideyuki. Proton beam therapy for hepatocellular carcinoma of caudate lobe. Radiotherapy and Oncology. 2020. 152. Suppl 1. S562
more...
Books (92):
  • メディカル・サイエンス・ダイジェスト
    2020
  • 統合医療でがんに克つ
    2020 ISBN:9784434281952
  • 放射線治療計画ガイドライン 2020年版
    2020 ISBN:9784307071161
  • 肝癌診療マニュアル(第4版)
    株式会社医学書院 2020 ISBN:9784260040815
  • 肝癌診療マニュアル(第4版)
    株式会社医学書院 2020 ISBN:9784260040815
more...
Lectures and oral presentations  (866):
  • 尾状葉肝細胞癌に対する陽子線治療の成績
    (第56回日本肝癌研究会 2020)
  • 切除不能肝内胆管癌に対する根治的放射線治療
    (第56回日本肝癌研研究会 2020)
  • Outcome of proton beam therapy for elderly liver cancer patients aged higher than 90
    (第56回日本肝癌研究会 2020)
  • 再発癌への治療戦略:放射線治療
    (第74回日本食道学会学術集会 2020)
  • 大気マイクロビームPIXE/PIGEによるBNCT応用技術:細胞内ホウ素可視化と動態の検討
    (QST高崎サイエンスフェスタ2020 2020)
more...
Works (1):
  • 前立腺がんの放射線治療における簡便な蓄尿量の測定
    磯辺智範, 小林大輔, 櫻井,英幸 2015 -
Education (1):
  • - 1988 Gunma University
Professional career (2):
  • 博士(医学) (群馬大学)
  • PhD(Medicine) (Gunma University)
Work history (21):
  • 2014/10 - 現在 University of Tsukuba Proton Beam ThearpyCenter Director
  • 2013/04 - 現在 Gunma University PhD Leading Program Visiting Professor
  • 2012/04 - 現在 University of Tsukuba Faculty of Medicine
  • 2008/07/16 - 現在 筑波大学 大学院人間総合科学研究科 教授
  • 2008/07/16 - 現在 University of Tsukuba
Show all
Committee career (85):
  • 2020/06 - 現在 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構 国立大学教育研究評価委員会専門委員,内科学一般およびその関連分野部会・副部会長
  • 2019/10/26 - 現在 JAPAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY Director
  • 2019/10/26 - 現在 一般社団法人 日本癌治療学会 理事
  • 2018/10 - 現在 日本医学放射線学会 教育委員会/委員
  • 2018/04 - 現在 日本医学放射線学会 代議員
Show all
Awards (8):
  • 2018/03 - 筑波大学附属病院長 第20回筑波大学附属病院教育部門 教育賞
  • 2015/02 - 2014 BEST FACULTY MEMBER
  • 2008/09 - 日本ハイパーサーミア学会 平成20年度日本ハイパーサーミア学会阿部賞
  • 2006 - 国際癌増感研究協会 国際癌増感研究協会協会賞
  • 2003 - 日本ハイパーサーミア学会 日本ハイパーサーミア学会協会賞
Show all
Association Membership(s) (13):
The KITAKANTO Medical Society ,  American Society for Radiation Oncology ,  JAPANESE SOCIETY FOR THERAPEUTIC RADIOLOGY AND ONCOLOGY ,  日本病態治療研究会 ,  THE JAPAN LUNG CANCER SOCIETY ,  THE JAPANESE BREAST CANCER SOCIETY ,  日本食道学会 ,  The Japanese Society of Pediatric Hematology/Oncology ,  JAPAN SOCIETY OF CLINICAL ONCOLOGY ,  The Japanese Cancer Association ,  JAPAN RADIOLOGICAL SOCIETY ,  JAPANESE SOCIETY FOR THERMAL MEDICINE ,  European Society for Radiotherapy and Oncology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page