Rchr
J-GLOBAL ID:200901085338342377   Update date: Dec. 21, 2020

Makino Rei

マキノ レイ | Makino Rei
Affiliation and department:
Research field  (1): Wood science
Research keywords  (4): 抗酸化能 ,  タンニン ,  樹皮 ,  抽出成分
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2018 - 2021 なぜ樹皮タンニンは汚染空気の酸化作用を低減できるのか?-ポリマーの利点を探るー
  • 2015 - 2018 汚染空気の酸化作用に対する樹皮タンニンの低減効果の解明
Papers (15):
MISC (1):
  • Ohara Seiji, Hashida Koh, Makino Rei, Slaeman Yusuf. Tannin and Related Polyphenolic Components from Tropical Tree Species. Improvement of Forest Resources for Recyclable Forest Products. 2004. 121-123
Lectures and oral presentations  (22):
  • 蒸煮爆砕処理したヤナギ樹皮タンニンの二酸化窒素除去能
    (第70回日本木材学会大会研究発表要旨集 2020)
  • クロモジの抽出成分2-含有フェノール成分と個体・季節間での含有テルペン類の違い-
    (第70回日本木材学会大会研究発表要旨集 2020)
  • オオバクロモジに含有されるLinalool,Linalool oxideの抗蟻・抗菌活性
    (第70回日本木材学会大会研究発表要旨集 2020)
  • オオバクロモジ 精油の調製と成分分析
    (香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会講演要旨集 2019)
  • クロモジの抽出成分-近縁種における樹種、部位間での含有成分の違い-
    (第69回日本木材学会大会研究発表要旨集 2019)
more...
Education (2):
  • Tokyo University of Agriculture and Technology Department of Applied Biological Science
  • 東京農工大学大学院農学研究科
Association Membership(s) (1):
木材学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page