Rchr
J-GLOBAL ID:200901085380127931   Update date: Aug. 29, 2020

Kaneda Kazuhide

カネダ カズヒデ | Kaneda Kazuhide
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (4): Bacteriology ,  Applied microbiology ,  Biodiversity and systematics ,  Ecology and environmental science
Research keywords  (4): 細菌学 ,  海洋微生物 ,  環境微生物 ,  bacteriology
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2002 - 2004 ライム病ボレリアポストゲノム戦略 -病原性遺伝子破壊による機能解析-
  • 1999 - 2000 非メバロン酸経路とその酵素の性状解析
  • Identification and characterization of Leptospira hyaluronidase
  • Studies on the chemotaxis of Leptospira sp.
Papers (18):
MISC (4):
Books (5):
  • 食品衛生学実験 安全を支える衛生検査のポイント
    株式会社みらい 2016
  • イラストで学ぶ栄養士・管理栄養士の世界
    学研書院 2016
  • ライム病の存在が予期されなかった沖縄で見いだされたライム病関連ボレリアの性状
    獣医畜産新報 2004
  • 特集 Emerging and Re-emerging Infectious Disease ライム病(ライムボレリア症)
    Pharm Medica 1998
  • ライム病(ライムボレリア症)
    最新医学 1997
Lectures and oral presentations  (11):
  • プロテオーム解析によるライム病ワクチン候補物質の探索
    (第27回日本分子生物学会 2004)
  • 回帰熱ボレリアとライム病ボレリアの中間に位置する新種Borrelia turcicaの性状
    (第41回レプトスピラシンポジウム 2004)
  • 非メバロン酸経路に関する研究:変異株利用における反応機構の解明
    (第10回ドリコールおよびイソプレノイド研究会例会 2000)
  • The mevalonate-independent pathway for isopentenyl diphosphate biosynthesis and its specific inhibitor
    (Bioactive natural products and their modes of action [II]. The 12th Naito Conference on regulation of plant life cycle at molecular level. 1999)
  • ライム病ボレリア病原因子としてのスフィンゴ糖脂質結合タンパク質
    (第35回レプトスピラシンポジウム 1998)
more...
Education (3):
  • 1995 - 1998 University of Shizuoka Doctor Course
  • - 1998 University of Shizuoka
  • 1992 - 1994 University of Shizuoka
Professional career (2):
  • 博士(薬学) (静岡県立大学)
  • 生活健康科学修士 (静岡県立大学)
Work history (6):
  • 2017/04 - 現在 Koran Women's Junior College Department of Foods and Nutrition
  • 2001/04 - 2017/03 Shizuoka Eiwa Gakuin University Junior College Department of Food Science
  • 1999/04 - 2001/03 東京大学分枝細胞生物学研究所 未来開拓学術研究員(リサーチ・アソシエート)
  • 1999 - 2001 Studies on the nonmevalonate pathway
  • 1998/04 - 1999/03 国立国際医療センター研究所 流動研究員
Show all
Association Membership(s) (4):
日本微生物生態学会 ,  日本薬学会 ,  日本細菌学会 ,  日本農芸化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page