Rchr
J-GLOBAL ID:200901085429542271   Update date: Feb. 05, 2020

Ando Terutsugu

アンドウ テルツグ | Ando Terutsugu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~tando/index.htmlhttp://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~tando/index.html
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (3): 教師教育 ,  形成的アセスメント ,  小学校社会科
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2015 - 2016 大学生に“深い学び”を促すルーブリック開発システムの構築 平成26~27年度教育研究高度化促進費 研究代表者 安藤輝次
  • 2010 - 2013 学校ケースメソッドの開発・普及システムの構築 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者 安藤輝次
  • 2008 - 2009 実習到達度を明確にした実践的指導と評価法 専門職大学院教育推進プログラム 研究代表者 安藤輝次
  • 2007 - 2008 学校問題ネットワーク構築による大学院教育 専門職大学院教育推進プログラム 研究代表者 安藤輝次
  • 2007 - 2008 自学を促す教職能力ルーブリックの開発 科学研究費補助金 基盤研究(C) 研究代表者 安藤輝次
Show all
Papers (34):
  • 安藤 輝次. 形成的評価から形成的アセスメントへ. 評価と授業をつなぐ手法と実践. 2019. 64-74
  • 安藤 輝次. ルーブリックの学習改善機能の活用法. 『物理教育』. 2019. 67. 2. 109-112
  • 安藤 輝次. 形成的アセスメントからみたペア学習. 『関西大学 文学論集』. 2019. 68. 4. 49-74
  • 安藤 輝次. ヴァンダービルド大学のピア支援学習方法(PALS). 『アメリカ教育研究』. 2019. 29号. 15-28
  • 安藤輝次. ペア学習の方法論ーK.J.トッピングに依拠して-. 『関西大学 文学論集』. 2018. 第68巻第2号、35-56頁. 35-56
more...
MISC (124):
  • 安藤輝次. 教員の資質向上をいかにはかるか. 教育展望. 2011. 57. 1
  • 安藤輝次. 単元プランで展開し、中間的評価を行おう. 教職研修. 2010
  • 安藤輝次. ポートフォリオで学びの歩みを辿り、長短所を見極める. 阪神教協リポート. 2010. 33
  • 安藤輝次. 多様な学習機会をあたえて様々な学習物等で評価する. 小学校新学習指導要録改定のポイント(日本標準). 2010
  • 安藤輝次. 「指導計画・評価計画」の作成. 教職研修. 2010. 460. 46-49
more...
Books (9):
  • みんなで「深い学び」を達成する授業
    図書文化社 2018
  • 持続的な学びのための大学授業の理論と実践
    関西大学出版部 2018
  • アクティブラーニングのための学習評価法-形成的アセスメントの実践的方法-
    関西大学出版部 2016
  • 学校ケースメソッドで参加・体験型の教員研修
    図書文化社 2009
  • 絶対評価と連動する発展的な学習
    黎明書房 2004
more...
Lectures and oral presentations  (23):
  • 形成的アセスメントからみたペア学習
    (教育目標・評価学会 2018)
  • ヴァンダービルド大学のピア学習支援方法(PALS)
    (アメリカ教育学会 2018)
  • 普通の学校で行える「深い学び」の全員達成授業を
    (日本カリキュラム学会 2018)
  • 教職大学院生の力量形成の歩み
    (日本教育大学教育研究集会 2010)
  • (シンポジウム)教育政策指針の検討3-教員養成・教員評価・現職教育の問題を中心に-
    (アメリカ教育学会 2010)
more...
Education (2):
  • - 1981 Osaka City University
  • - 1981 Osaka City University
Professional career (1):
  • Master of Education
Work history (6):
  • 2004 - 2008 :奈良教育大学教育学部教授
  • 2008 - -:奈良教育大学大学院教育学研究科専門職学位課程教授
  • 1999 - 2004 :福井大学教育地域科学部教授
  • 2000 - 2003 :福井大学教育地域科学部附属中学校校長(併任)
  • 1982 - 1992 :福井大学教育学部助教授
Show all
Committee career (2):
  • 2017/04 - 2020/03 日本カリキュラム学会 理事
  • 2017/04 - 2020/03 アメリカ教育学会 理事
Association Membership(s) (6):
教育目標・評価学会 ,  全国社会科教育学会 ,  日本教育方法学会 ,  アメリカ教育学会 ,  日本カリキュラム学会 ,  日本教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page