Rchr
J-GLOBAL ID:200901086063766992   Update date: Dec. 05, 2020

Tsutsumi Chikara

ツツミ チカラ | Tsutsumi Chikara
Affiliation and department:
Job title: Research assistant
Research field  (4): Green/sustainable/environmental chemistry ,  Polymer chemistry ,  Bioorganic chemistry ,  Structural/physical organic chemistry
Research keywords  (15): Supercritical fluid ,  Microwave ,  Lactone ,  Cyclic carbonate ,  Lactide ,  Poly(lactide) ,  Biodegradable polymer ,  Controlled release material ,  超臨界流体 ,  マイクロ波 ,  ラクトン ,  環状カーボネート ,  ラクチド ,  ポリ乳酸 ,  生分解性ポリマー
Research theme for competitive and other funds  (21):
  • 2019 - 2021 ポリマーのモルフォロジー変化を活用した環境適応型UV防除材の開発
  • 2016 - 2018 超臨界二酸化炭素による省エネ・省力型徐放性忌避剤の創製
  • 2010 - 2012 超臨界二酸化炭素を用いた高性能シロアリ防除剤の開発
  • 2008 - 2009 超臨界二酸化炭素を利用した省力型害虫・鳥獣類防除剤の開発
  • 2007 - 2008 環境適応型徐放剤の開発
Show all
Papers (55):
MISC (93):
more...
Patents (7):
  • 徐放剤、徐放器、及び徐放剤の製造方法
  • 忌避剤
  • 徐放剤
  • 生分解性重合体の合成方法
  • 徐放剤
more...
Lectures and oral presentations  (108):
  • Synthesis and degradability of poly(L-lactide) copolymers with different sequences in main chain
    (2020)
  • A new type enzymatic biofuel cell utilizing photo-assisted flavin mediated oxidation of NADH and H2 evolution by electroreduction of H+
    (The International Coalition For Energy Storage And Innovation 2020 2020)
  • レドックス・メディエーターにフラビン類を用いた光ガルバニ電池からなる酵素型エタノール・バイオ燃料電池
    (化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会 2020)
  • カチオン性テトラフェニルポルフィリン誘導体を導入したポリマーの光物性(4)
    (日本化学会中国四国支部大会(2019) 2019)
  • カチオン性テトラフェニルポルフィリン誘導体を導入したポリマーの光物性(3)
    (日本化学会中国四国支部大会(2019) 2019)
more...
Works (5):
  • 新規徐放材料の開発とその徐放性に関する研究
    2005 - 現在
  • 生分解性プラスチックの実用化
    2000 - 現在
  • マイクロ波による生分解性ポリマーの合成
    堤 主計 2002 - 2010
  • 生分解性ポリマー分解速度調整剤の開発
    2004 -
  • Development of practical biodegradable plastic
    2000 - 2003
Education (6):
  • - 2004 Hiroshima University
  • - 2004 Hiroshima University Chemistry and Chemical Engineering
  • - 1994 Nagaoka University of Technology
  • - 1994 Nagaoka University of Technology
  • - 1992 Nagaoka University of Technology BioEngineering Course
Show all
Professional career (2):
  • Master of Engineering (Hiroshima University)
  • Doctor of Engineering (Nagaoka University of Technology)
Association Membership(s) (6):
グリーンプロセスインキュベーションコンソーシアム ,  四国マイクロ波プロセス研究会 ,  日本電磁波エネルギー応用学会 ,  日本農芸化学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page