Rchr
J-GLOBAL ID:200901086107691375   Update date: Jul. 26, 2016

KUSUNOKI HIROSHI

クスノキ ヒロシ | KUSUNOKI HIROSHI
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Resource conservation science
Research keywords  (1): Gamete preservation
Papers (50):
MISC (17):
  • KUSUNOKI Hiroshi. 第三の種保存技術ー希少動物の配偶子保存ー. 生物の科学遺伝. 2015. 69. 6. 473-478
  • KUSUNOKI Hiroshi. ジャイアントパンダの繁殖能力. Habataki. 2014. 6. 15-16
  • YAMAGUCHI Takashi, TANAKA Atsushi, IKUMA Shinichiro, MIKI Tamito, NAGAYOSHI Motoi, TANAKA Izumi, TAKEDA Satoru, TAKEMOTO Yoichi, KUSUNOKI Hiroshi. MESA vs MD-TESE. 産婦人科の実際. 2014. 63. 6. 881-885
  • KUSUNOKI Hiroshi. ナナは方舟に乗った〜現代のArk冷凍動物園〜. すづくり. 2013. 42. 2. 10-11
  • KUSUNOKI Hiroshi. 日本における保全繁殖の歴史. 野鳥. 2013. 776. 4-9
more...
Books (5):
  • Blastocyst hatching の臨床成績 53(4),pp.603-607
    産婦人科の実際 2004
  • 未成熟造精細胞培養の展望,進化していく体外受精Progress,鈴木秋悦編,326-336
    メジカルビュー社,東京 2005
  • 動物園動物を材料とした保全繁殖技術の開発
    東京大学出版会 2006
  • Oocytology
    京都大学学術出版会 2011
  • Thoughts on IMSI
    Springer 2011
Lectures and oral presentations  (321):
  • Y精子の可視化の基礎的研究
    (第60回日本不妊学会九州支部会要旨集 2003)
  • チーターの繁殖生理と人工繁殖について(6)
    (第13回チーター繁殖検討委員会資料集 2003)
  • バーラルにおける人工腟法による精液採取について
    (第51回全国動物園技術者研究会要旨集 2003)
  • チンパンジー精液の凍結保存に対するグリセリン濃度および凍結速度の影響
    (第136回日本獣医学会学術集会要旨集 2003)
  • ミナミゾウアザラシにおける人工授精の試み
    (海獣飼育技術者研究会要旨集 2003)
more...
Awards (3):
  • 2015/10 - 日本動物園水族館協会 第63回全国動物園技術者研究会優秀発表賞 マレーバクにおける繁殖周期解明についての取り組み
  • 2014/05 - Japan Society for ova Research 学術奨励賞口演部門 ヒト卵子内円形精子細胞注入(ROSI)における卵子活性化法の検討
  • 2011/07 - 希少動物人工繁殖研究会 希少動物人工繁殖研究会賞 約20年にわたる希少動物からの配偶子の収集と保存に関する研究
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page