Rchr
J-GLOBAL ID:200901086343459416   Update date: Nov. 09, 2020

KO SAITO

サイトウ コウ | KO SAITO
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Economic history ,  Theoretical economics
Research keywords  (7): 特に両大戦間期の日本 ,  第二次大戦前 ,  数量経済史 ,  マクロ経済学 ,  Japan between World War I and II ,  Quliometrics ,  macro economics
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2005 - 2006 Japanese economic growth between World War I and II
  • 2005 - 第二次大戦前期日本の経済成長
  • 2004 - Investment for plant and equipment of modern sector in Japan between world war I and II
Papers (23):
  • 斎藤 孝. ラムゼイ・モデルにおいて財政支出が消費・資本・利子率に与える影響について-予期された財政支出の変化の場合-. 東洋大学『経済論集』. 2020. 46. 1. 49-70
  • 斎藤 孝. ラムゼイモデルにおいて財政支出が消費・資本・利子率に与える影響について. 東洋大学経済研究会 『経済論集』. 2019. 45. 1. 11-29
  • 斎藤 孝. 生産性格差と乗数理論. 東洋大学経済研究会『経済論集』. 2018. 第44巻. 1号. 31-44
  • 斎藤 孝. 二重構造と乗数理論. 東洋大学経済研究会『経済論集』. 2017. 第43巻. 1号. 29-40
  • 斎藤 孝. 資本集中仮説再考. 東洋大学経済研究会『経済論集』. 2016. 42. 1. 23-43
more...
Books (1):
  • 『社会経済システムとその改革-21世紀日本のあり方を問う』
    NTT出版 2003
Lectures and oral presentations  (2):
  • 「PMC,Adaptabilityと経済成長」
    (日本経済学会春季大会(広島修道大学) 2001)
  • 「戦間期日本における農工間賃金格差」
    (日本経済学会春季大会(香川大学) 1999)
Professional career (1):
  • 修士 (東京大学)
Committee career (1):
  • 2009 - 社会経済史学会第78回全国大会実行委員会 会計担当
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page