Rchr
J-GLOBAL ID:200901086408777259   Update date: Nov. 27, 2020

Nakahigashi Masafumi

ナカヒガシ マサフミ | Nakahigashi Masafumi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.law.nagoya-u.ac.jp/ls/teacher/nakahigashi.html
Research field  (1): Civil law
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2018 - 2022 わが国における敵対的企業買収の展望
  • 2015 - 2019 会社法改正メカニズム オーラルヒストリーとその理論的分析
  • 2014 - 2018 株主代表訴訟における手続き上の証拠収集と実体法秩序
  • 2012 - 2016 知的財産法と競争法分野における国際的な統合と分散化を調整するフレームワークの構築
  • 2004 - 2007 債務超過会社の組織再編に関する法的諸問題
Show all
Papers (169):
  • 中東正文. 裁判例から読み解く今後のM&A実務. 法律のひろば. 2020. 73. 8. 22-30
  • 中東正文. 株式交付制度の導入と組織再編法制の揺らぎ. 久保大作=久保田安彦=上田真二=松中学編『企業金融・資本市場の法規制』(商事法務). 2020. 331-358
  • 山本将成, 中東正文. 令和元年会社法改正----概要と改正の経緯. 月刊監査研究. 2020. 557. 1-12
  • 中東正文. 会社補償・D&O保険. ジュリスト. 2020. 1542. 47-53
  • Alan K. Koh, Masafumi Nakahigashi, Dan W. Puchniak. Land of the Falling "Poison Pill": Understanding Defensive Measures in Japan on Their Own Terms. U. Pa. J. Int'l L. 2020. 41. 3. 687-754
more...
MISC (158):
  • 中東正文. 平成26年会社法改正後のキャッシュ・アウト法制. 金融商品取引法制に関する諸問題(下) 金融商品取引法研究会編. 2018. 158-193
  • 中東正文, 本部勝大. 会社法制の見直しについて----中間試案の概要と今後の課題. 月刊監査研究. 2018. 535. 14-22
  • 中東正文. 組織再編契約における原始的な債権の取得?. 金融・商事判例. 2018. 1541. 14-17
  • 中東正文. 株式会社の運営等に従事する資格等. 金融・商事判例. 2018. 1533号. 1-1
  • Dan W. Puchniak, Masafumi Nakahigashi. The Enigma of Hostile Takeovers in Japan: Bidder Beware. Berkeley Bus. L.J. 2018. 15. 4-42
more...
Books (38):
  • Law Practice 商法〔第4版〕
    商事法務 2020 ISBN:9784785727789
  • 商法総則・商行為法(アルマ)〔第3版〕
    有斐閣 2019
  • Law Practice 商法〔第3版〕
    商事法務 2017
  • 新基本法コンメンタール・会社法3〔持分会社~罰則〕(第2版)
    日本評論社 2015
  • 改正会社法と会計・税務の対応
    新日本法規出版 2015
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • 会社法改正と取締役に関わる株式実務
    (全国株懇連合会 第75回定時会員総会 2020)
  • 株主総会の手続に関する会社法改正の動向
    (全国株懇連合会 第72回定時会員総会 2017)
  • Defensive Measures against Hostile Takeovers in Japan
    (2017 Seoul Conference: German and East Asian Perspectives on Corporate and Capital Market Law: Investors versus Companies 2017)
  • コーポレート・ガバナンスの潮流と監査役スタッフへの 期待
    (第38回監査役スタッフ全国会議----企業不祥事防止に向けた監査役 スタッフの取組 2016)
  • Derivative Action and Measures to Collect Evidences in the Civil Procedure
    (Recent Comparative Legal Issues on Corporate Law and Securities Law: The 3rd Joint Workshop of SNU Center for Financial Law, Bucerius Institut für Unternehmens-und Kapitalmarktrecht & Nagoya University Graduate School of Law 2015)
more...
Works (27):
  • 公益社団法人商事法務研究会会社法研究会「会社法研究会報告書(平成29年3月2日)」
    中東正文 2017 -
  • 河本一郎=川口恭弘著『新・日本の会社法』
    2016 -
  • 第5部 カナダ
    中東正文, ショーン・マクギンティ 2016 -
  • 第79回監査役全国会議全体会----今動き出す企業統治改革と監査役
    2015 -
  • 松尾直彦【著】『金融商品取引法』
    2012 -
more...
Professional career (2):
  • 博士(法学) (名古屋大学)
  • LL.D. (Nagoya University)
Work history (13):
  • 2019/04/01 - 現在 Nagoya University Trustee / Vice President Vice President
  • 2017/04/01 - 現在 Nagoya University Applied Social System Institute of Asia
  • 2014/04/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Law Department of the Combined Graduate Program in Law and Political Science Contemporary Legal Systems Professor
  • 2019/04/01 - 2020/03/31 Nagoya University Administrative Support Organizations International Education & Exchange
  • 2018/04/01 - 2019/03/31 Nagoya University
Show all
Committee career (17):
  • 2015/04 - 現在 公益財団法人豊秋奨学会 選考委員会 委員
  • 2014/05 - 現在 一般財団法人新日本法規財団 評議会 評議員
  • 2012/10 - 現在 東海北陸地方社会保険医療協議会 委員、愛知部会長(2014年10月-)、総会会長(2014年10月-)
  • 2007/06 - 現在 株式会社東京計器(旧トキメック)特別委員会 委員
  • 2007/06 - 現在 株式会社カネカ 特別委員会 委員
Show all
Awards (1):
  • 1997 - 大隅健一郎賞
Association Membership(s) (3):
日本登記学会 ,  日本私法学会 ,  日本学術会議
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page