Rchr
J-GLOBAL ID:200901086771314406   Update date: Feb. 26, 2021

Yasunari Tetsuzo

ヤスナリ テツゾウ | Yasunari Tetsuzo
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.chikyu.ac.jp/yasunari/yasunari.bak/
Research field  (1): Earth resource engineering, energy science
Research keywords  (4): 気候システム論 ,  気候学 ,  気象学 ,  climatology meteorology
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2006 - 2011 人間活動による水文気候変化の研究
  • 2006 - 2011 Anthropogenic impact on Hydro-climate
  • 2002 - 大陸スケールの植生と水循環・気候の相互作用
  • 2002 - continental-scale interaction between vegetation, hydrological cycle and climate
  • 1976 - アジアモンスーン変動の研究
Show all
Papers (62):
MISC (180):
more...
Books (22):
  • Himalayan Weather and Climate and their Impact on the Environment
    Springer 2019
  • Eco-Climate System and Human Evolution During the Neogene Through the Quaternary Period, Himalayan Weather and Climate and their Impact on the Environment
    Springer 2019
  • Global Change and Future Earth -The Geoscience Perspective-, Tom Beer, Jianping Li and Keith Alverson eds.
    Cambridge University Press 2018
  • 京都大学の「気候学研究」は何をやってきたか?-気候学40年史の批判的総括-,財団法人国際高等研究所フェロー研究会収録,京大地球物理学研究の百年
    2010
  • 過去の気候変化から学ぶ「地球温暖化」の意味 変化する地球環境に対峙する新たな知の創出,地球環境学辞典
    総合地球環境学研究所編 2010
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 「生命が創った惑星:地球」-人類とは何か、何をすべきなのかを再考する-
    (梅棹忠夫生誕100年記念連続講座(第3回) 2021)
  • Our Earth: A planet created by life -Rethinking of“How human-nature relation ought to be”-
    (2020)
  • Our Earth: A planet created by life-Rethinking of “How human-nature relation ought to be”-
    (2020)
  • 「地球温暖化」と「コロナ禍」に私たちはどう立ち向かうべきか -人新世(人類世)における総合地球環境学-
    (大学共同利用機関シンポジウム 2020)
  • 「地球温暖化」と「コロナ禍」に私たちはどう立ち向かうべきか
    (京都市社会教育委員会議 2020)
Works (48):
  • グローバルCOEプログラム「地球学から基礎・臨床環境学への 展開」
    2009 - 2013
  • ヒマラヤ・アッサム・バングラデシュ地域に豪雨をもたらす準2週間周期変動の解明
    2010 - 2011
  • アジアの巨大都市発展が地域から全球の気候変化に与える影響に関する研究
    2008 - 2011
  • 植生改変・エアロゾル複合効果がアジアの気候に及ぼす影響
    2009 -
  • 水循環と物質循環を介した植生-気候相互作用の研究」
    2009 -
more...
Professional career (1):
  • 理学博士 (京都大学)
Work history (1):
  • 2013/04 - 現在 Research Institute for Humanity and Nature Director-General
Committee career (8):
  • 2007 - 日本気象学会 理事
  • 2007 - Meteorological Society of Japan executive council member
  • 2002 - 2006 水文・水資源学会 副会長および国際委員
  • 2006 - 水文・水資源学会 会長
  • 2006 - Japanese Society of Hydrology and Water resources President
Show all
Awards (19):
  • 2018/09 - 水文・水資源学会 水文・水資源学会名誉会員
  • 2015/07 - 環境科学会論文賞
  • 2015/05 - 日本地球惑星科学連合フェロー
  • 2014/09 - 水文・水資源学会功績賞
  • 2008/03 - モンゴル国自然環境省 モンゴル国自然環境功労研究者賞
Show all
Association Membership(s) (14):
American Meteorological Society ,  American Geophysical Union ,  日本地理学会 ,  日本雪氷学会 ,  地球惑星科学連合 ,  水文・水資源学会 ,  日本気象学会 ,  American Meteorological Society ,  American Geophysical Union ,  The association of Japanese Geographers ,  Tha Japanese Society of Snow and Ice ,  Japan Geophysical Union ,  Japanese Society of Hydrology and Water resources ,  Meteorological Society of Japan
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page