Rchr
J-GLOBAL ID:200901087066909111   Update date: Sep. 05, 2020

Kurahashi Mitsunori

クラハシ ミツノリ | Kurahashi Mitsunori
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://samurai.nims.go.jp/KURAHASHI_Mitsunori-j.html
Research field  (2): Thin-film surfaces and interfaces ,  Basic physical chemistry
Research keywords  (3): 磁性 ,  偏極ビーム ,  表面科学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2020 - 2024 A rotational state-selected molecular beam study on adsorption dynamics on stepped surfaces
  • 2020 - 2023 核スピン偏極分子ビームによる表面水素NMR実験
  • 2016 - 2019 Study on spin dependence in adsorption reaction on surfaces
  • 2016 - 2019 Development of high energy state-selected O2 beam and the method for a high sensitivity measurement
  • 2013 - 2017 Surface oxidation reaction by spin- and alignment-controlled O2 beam
Show all
Papers (78):
MISC (15):
Patents (5):
  • パルス励起原子線とパルス紫外光の生成方法およびその装置
  • 粒子線磁気モーメント分析装置
  • 磁場中での表面磁性計測方法および表面磁性計測装置
  • 永久磁石型多段六極磁子装置および六極磁子焦点距離可変方法
  • オゾンビーム発生装置
Books (1):
  • 六極磁場によるスピン・回転状態選別酸素分子ビーム生成とその表面反応への応用
    エヌ・ティー・エス 2019
Lectures and oral presentations  (24):
  • Oxygen chemisorption on flat and stepped Pt surfaces probed by an alignment-controlled O2 beam
    (TAILOR2020 2020)
  • 量子状態選別O2、H2分子ビームの生成と表面反応計測への応用
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • 核スピン偏極オルトH2分子ビーム生成とスピン回転状態の評価
    (2019年日本表面真空学会学術講演会 2019)
  • 核スピン偏極オルトH2分子ビームの生成とスピン制御
    (第80回応用物理学会秋季学術講演会 2019)
  • 六極磁子による核スピン偏極オルトH2分子ビームの生成
    (日本物理学会2019年年次大会 2019)
more...
Education (2):
  • - 1996 Kyoto University
  • - 1991 Kyoto University
Professional career (1):
  • 博士(工学) (京都大学)
Awards (2):
  • 2017/08 - 平成29年日本表面科学会会誌賞 Ni(111)表面へのO2吸着スピン・立体効果:量子状態選別酸素分子ビームによる解析
  • 2013/04 - 物質・材料研究機構 理事長賞研究奨励賞 量子状態選別ビームの開発と表面計測への応用
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page