Rchr
J-GLOBAL ID:200901087081280866   Update date: Nov. 04, 2020

Yasui Toshifumi

ヤスイトシ フミ | Yasui Toshifumi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Sports science ,  Physical and health education
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2015 - 現在 身体的不器用な学生の自己成長を促す大学体育授業の開発
  • 2015 - 現在 大学体育・スポーツにおけるこだわり意識が健康に及ぼす影響
  • 2007 - 現在 曲走路におけるハードル走についての研究
  • 2006 - 現在 ハードル走におけるバイオメカニクス的考察
  • 2006 - 現在 スプリント走におけるパフォーマンス向上のための技術の解明
Show all
Papers (86):
  • Mami NAGAO, Tatsuya TAMURA, Haruhi KATAOKA, Noriaki OKAMURO, Toshinori ENDO, Toshifumi YASUI, Junichi MIYAZAKI, Masahiro IMAGAWA, Naoko INOUE. Physiological evaluation of university students in physical education classes in a hot environment. 2020. 第5巻. 第2号. 185-189
  • Toshinori ENDO, Noriaki OKAMURO, Mami NAGAO, Toshifumi YASUI. An evaluation of the Women's 4×100m relay performance based on the relationship between sprint running ability and gain time. Research Quarterly for Athletics. 2020. 120. 11-16
  • 安井年文. 陸上競技における相対的年齢効果の成因=社会学的,心理学的影響について. 陸上競技研究紀要. 2018. 13. 55-60
  • 遠藤俊典, 安井年文, 加藤彰浩, 長尾茉珠. 藤森安奈選手の大学時代における競技的発達過程とトレーニング. 陸上競技研究. 2017. 109. 47-53
  • 片岡悠妃, 図子浩二, 遠藤俊典, 安井年文, 藤林献明. 大学体育におけるフィットネストレーニング授業の実践的検討~学生の主体的な取り組みによる授業の実践過程~. 大学体育学. 2017. 14. 35-47
more...
MISC (1):
  • 安井 年文. 藤光謙司選手にみる200m競技者としての記録推移とトレーニングについて. 陸上競技研究. 2010. 2010. 3. 47-50
Books (22):
  • <B>Coaching Theory for Athletics</B>/Japan Society of Athletics
    2020
  • The Science of Sprinting
    2018
  • Health & Fitness Workbook
    2017
  • <B>走りが変わる!陸上スプリント最強のコツ50</B>
    メイツ出版株式会社 2015
  • 走りが変わる!陸上スプリント最強のコツ50
    メイツ出版株式会社 2015
more...
Lectures and oral presentations  (76):
  • 大学体育授業における教授行動分析を用いた実践的振り返り
    (第8回大学体育スポーツ研究フォーラム 2020)
  • 「ドーハ世界陸上から東京オリンピックへ」(司会)
    (日本陸上競技学会第18回大会「2020東京オリンピックからの陸上競技~国際化とコンディショニング」 2019)
  • 社会人スポーツ実施者と学生の運動有能感,メンタルヘルスおよびライフスキルの比較
    (第57回全国大学保健管理研究集会(共同) 2019)
  • 「アジア大会を終えて」 (司会)
    (日本陸上競技学会 第17回大会 2018)
  • 暑熱環境下における大学体育授業が学生に与える生理的負荷
    (第56回全国大学保健管理研究集会(共同) 2018)
more...
Works (42):
  • 佐藤大志選手の4年間の大学競技者としてのトレーニング活動
    遠藤俊典, 本道慎吾, 杉本和那美 2014 -
  • 日本一流男子110mハードル選手のレース分析-2011年から2013年までのレース分析結果について-
    貴嶋孝太, 谷川聡, 櫻井健一, 浅見公博, 苅部俊二, 青戸慎司, 綿谷貴志, 柴山一仁, 森丘保典 2014 -
  • 「学生の体力の現状(2011年)」
    安井年文 2011 -
  • 「学生の体力の現状(2010年)」
    2010 -
  • 藤光謙司選手にみる200m競技者としての記録推移とトレーニングについて
    2010 -
more...
Education (4):
  • 1989 - 1991 University of Tsukuba
  • 1989 - 1991 University of Tsukuba
  • 1989 - 1991 University of Tsukuba
  • 1985 - 1989 University of Tsukuba
Professional career (2):
  • 体育学士 (筑波大学)
  • 体育学修士 (筑波大学大学院)
Work history (9):
  • 2019/04/01 - 現在 College of Community Studies College of Community Studies Department of Community Studies Professor
  • 2011/04/01 - 2019/03/31 College of Education, Psychology and Human Studies College of Education, Psychology and Human Studies Department of Education Professor
  • 2009/04/01 - 2011/03/31 College of Education, Psychology and Human Studies College of Education, Psychology and Human Studies Department of Education Associate Professor
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 College of Literature College of Literature Deaprtment of Education Associate Professor
  • 2003/04/01 - 2007/03/31 College of Literature College of Literature Deaprtment of Education
Show all
Committee career (26):
  • 2018/04/01 - 現在 Japan Olympic Comittee
  • 2018/04 - 現在 日本学生陸上競技連合 強化委員会 副委員長
  • 2018/04 - 現在 関東学生陸上競技連盟強化委員会 強化委員長
  • 2018/04/01 - 現在 公益財団法人日本オリンピック委員会 日本オリンピック委員会強化スタッフ(情報・戦略スタッフ)陸上競技
  • 2017/04 - 現在 関東学生陸上競技連盟評議委員会 評議委員
Show all
Awards (19):
  • 2018/07 - 文部科学省 文部科学大臣表彰(日本陸上競技連盟推薦) 国際競技大会優秀者指導
  • 2018/07 - 文部科学省 文部科学大臣表彰(日本学生陸上競技連合推薦) 国際競技大会優秀者
  • 2017/10 - 日本陸上競技連盟 勲功章(日本陸上競技連盟)
  • 2017/09 - The Inter-University Athletics Union of Japan Achievement Award
  • 2015/05 - Coaches Achievement Award
Show all
Association Membership(s) (12):
THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE ,  Research Quarterly of Athletics ,  JAPAN SOCIETY OF ATHLETICS ,  JAPAN JOURNAL OF SPORT MOVEMENT AND BEHAVIOUR ,  JAPANESE SOCIETY OF SPORT EDUCATION ,  JAPAN SOCIETY OF SPRINT RESEARCH ,  THE JAPAN SOCIETY OF COACHING STUDIES ,  JAPANESE SOCIETY OF BIOMECHANICS ,  JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION, HEALTH AND SPORT SCIENCES ,  日本コーチング学会 ,  日本スポーツ教育学会 ,  スポーツ運動学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page