Rchr
J-GLOBAL ID:200901087198473797   Update date: Oct. 09, 2018

Taguchi Masahiro

タグチ マサヒロ | Taguchi Masahiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.e.okayama-u.ac.jp/~taguchi/http://www.e.okayama-u.ac.jp/~taguchi/
Research field  (3): Economic history ,  Economic policy ,  Economic policy
Research keywords  (8): 中欧 ,  移行期 ,  経済政策 ,  ポーランド ,  Central Europe ,  Transition ,  Economic Policy ,  Poland
Papers (54):
  • Political-Economic Situation and the Financial Condition of Local Governments in Poland. 2012. 44. 2. 39-61
  • ミャチスワフ・W・ソハ, 田口雅弘. 世界金融危機下のポーランド経済. ロシア・ユーラシアの経済と社会. 2011. 342. 18-30
  • Ryohei Nakamura, Masahiro Taguchi. Agglomeration and Institutional Effects on Dynamics in Regional Disparities: Experience from Poland and Japan. (共著). Ekonomia. 2011. 25. 3-31
  • Masahiro Taguchi. Mechanizm upadku socjalistycznego systemu gospodarczego. Ekonomia. 2011. 26. 3-28
  • 田口雅弘. カリーニングラードとポーランド東部クロスボーダー・リージョン. ロシア・ユーラシアの経済と社会. 2011. 948. 32-38
more...
MISC (77):
more...
Books (72):
  • ポーランドとその隣人たち2 フォーラム・ポーランド2015年会議録 Polska i jej sąsiedzi-Część II Forum Polska Konferencja 2015
    NPOフォーラム・ポーランド組織委員会 2017
  • 『フォーラム・ポーランド2012年会議録 アンジェイ・ワイダ Andrzej Wajda』
    ふくろう出版 2015
  • フォーラム・ポーランド2013年会議録 変貌する世界地図とポーランド-その今日・明日 Polska dzis i jutro - w poszukiwaniu swojego miejsca na zmieniajacej sie mapie swiata
    ふくろう出版 2014
  • フォーラム・ポーランド2012年会議録 ポロネーズをめぐって Wokol poloneza
    ふくろう出版 2013
  • (書評)スレイマン・イブラヒム・コーヘン著(溝端佐登史,岩﨑一郎,雲和広,徳永昌弘監訳)『国際比較の経済学 グローバル経済の構造と多様性』 (NTT出版,2012年,x+449pp)
    比較経済体制研究 2013
more...
Lectures and oral presentations  (27):
  • 欧州に見るグローバル化が生んだ反グローバルの潮流
    (就実グローカル・フォーラム2017「グローバル化の新局面とわが国の対応」 2017)
  • 小論文の自動採点に向けたオープンな基本データの構築および現段階での自動採点手法の評価
    (言語処理学会第23回年次大会 2017)
  • ポーランドにおけるNPO、NGO活動の現状と課題について
    (日本比較経営学会第38回全国大会 2013)
  • パネルディスカッション「歴史の中の体制転換」
    (ロシア・東欧学会 2010)
  • Panel Dicussion "Systemic Transformation in the Perspective of History""
    (The Japanese Association for Russian and East European Studies 2010)
more...
Education (4):
  • - 1988 Kyoto University
  • - 1988 Kyoto University
  • - 1984 ワルシャワ中央計画統計大学 国民経済計画学科
  • - 1984 Szkola Glowna Planowania i Statystyki Planowanie Gospodarki Narodowej (National Economic Planning)
Professional career (2):
  • Doctor of Economics (Kyoto University)
  • Magister Ekonomii (Master of Economics) (Central School of Planning and Statistics in Warsaw (Poland))
Work history (5):
  • 2013 - 2015 Okayama University Institute of Global Human Resource Development
  • 2013 - 2015 Okayama University Center for Global Partnerships and Education
  • 2010 - 2015 Okayama University Center for Global Partnerships and Education
  • 2004 - - 岡山大学社会文化科学研究科 教授
  • 2004 - - Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University
Committee career (16):
  • 2014 - ロシア・東欧学会 学会開催校代表
  • 2014 - ロシア・東欧学会 理事
  • 2013 - フォーラム・ポーランド2013年会議「変貌する世界地図とポーランド--その今日・明日」 オーガナイザー
  • 2013 - Forum Poland organizer
  • 2012 - フォーラム・ポーランド2012年会議「《ポロネーズをめぐって」 オーガナイザー
Show all
Awards (2):
  • 2009 - ポーランド共和国功労勲章オフィツェルスキ十字型章
  • 2007 - 2006年度ポーランド外務大臣表彰
Association Membership(s) (18):
日本進化学会 ,  比較経済体制学会 ,  The Japanese Society for Slavic and East European Studies ,  ポーランド経済学会(Polskie Towarzystwo Ekonomiczne) ,  Society of Evolutionary Studies, Japan ,  Japan Association for the Comparative Studies of Management ,  Polskie Towarzystwo Ekonomiczne ,  ロシア・東欧学会 ,  フォーラム・ポーランド2013年会議「変貌する世界地図とポーランド--その今日・明日」 ,  フォーラム・ポーランド2012年会議「《ポロネーズをめぐって」 ,  フォーラム・ポーランド2011年会議「《ポーランドとその隣人たち》 シリーズ第一回」 ,  フォーラム・ポーランド2010年会議「「連帯」運動とその遺産」 ,  フォーラム・ポーランド2009年会議「ショパン」 ,  Society of Evolutionary Studies, Japan ,  Japan Association for the Comparative Studies of Management ,  Polskie Towarzystwo Ekonomiczne ,  The Japanese Association for Russian and East European Studies ,  Forum Poland
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page