Rchr
J-GLOBAL ID:200901087459765286   Update date: Feb. 21, 2006

Murayama Haruho

ムラヤマ ハルホ | Murayama Haruho
Affiliation and department:
Job title: Professor of Biblical and English Literature
Research field  (6): Literature - General ,  Literature - Chinese ,  Literature - European ,  Literature - General ,  Literature - Chinese ,  Literature - European
Research keywords  (4): Biblical Literature ,  English Literature ,  聖書文字 ,  英文学
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 1983 - Symmetrical Structure in the Bible
  • 1.ヴィクトリア朝の文学と宗教思想 2.ジョージ・エリオットに関する著作の共訳
  • ジョージ・エリオット 人と思想
  • 「聖書物語の文学的解釈」の翻訳
  • 英文学入門
Show all
MISC (33):
  • 『ロモラ』と旧約聖書「イザヤ書」における間テクスト性の研究. 『ジョージ・エリオット研究』. 2004. 第6号 31-48頁
  • The Symmetrical Structure of the Narrative of King Solomon's Reign. The Journal of Saniku Gakuin Junior College. 2004. No 33 pp.4-19
  • George Eliot and the Bible. PhD thesis University of Newcastle upon Tyne. 2003
  • Literary Approach to the Bible: Reading the Book of Jonah-The symmetrical outline of the Book of Jonah in the process of literary Interpretation. 2003 The Third Seminar of Theological Research institute(The International Symposium on the Biblical Hermenewtics). 2003. 23-28
  • The Symmetrical Structure of the Second Book of Samuel. Journal of Saniku Gakuin Junior College. 2003. 32
more...
Books (3):
  • 「文学作品」のリーデイングにおける読み手の解釈表現としてのライテイング
    広島大学教育学部編『英語教育内容学と英語教育学研究』 2001
  • 『「英語教育のための文学」案内事典』
    彩流社 2000
  • 『英語科教育の理論と実践(学習指導編)』
    現代教育社 1995
Works (2):
  • 全国商業高等学校スピーチ・レシテーションコンテスト千葉県予選大会審査員
    1997 - 1998
  • レビ記の文学様式と神学的機能(聖書会議編)英文翻訳
    1985 -
Education (3):
  • - 2003 ニューカッスル大学大学院
  • - 2003 University of Newcastle upon Tyne English Literary and Linguistic Studies
  • - 1983 ウエストヴァージニア大学大学院
Professional career (1):
  • Ph. D (University of Newcastle upon Tyne)
Association Membership(s) (7):
The Society of Biblical Literature ,  日本ジョージ・エリオット協会 ,  日本アメリカ文学会 ,  日本英文学会 ,  日本キリスト教文学会 ,  Society of Biblical Literature ,  The George Eliot Fellowship
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page