Rchr
J-GLOBAL ID:200901087500275576   Update date: Feb. 05, 2021

Kouzuma Yoshiaki

コウヅマ ヨシアキ | Kouzuma Yoshiaki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://foodfunc.agr.ibaraki.ac.jp/http://foodfunc.agr.ibaraki.ac.jp/
Research field  (4): Applied biochemistry ,  Landscape science ,  Environmental agriculture ,  Applied biochemistry
Research keywords  (2): Protein, protease, protease inhibitor, lectin, structure-function relationship, Apios, functional peptides ,  Protein, protease, protease inhibitor, lectin, structure-function relationship,
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2016 - 2019 小孔形成レクチンを基盤とした細胞傷害能を有する新規機能性分子の構築
  • 2011 - 2014 分子モデルを基盤とした溶血性レクチンの機能改変と抗マラリア機能向上に関する研究
  • 2006 - 2009 溶血性レクチンの機能的発現と高機能化に関する研究
  • 2005 - 2008 摂取しやすい新規な機能性キノコ飲料の開発
  • 2002 - 2004 海産無脊椎動物由来溶血性レクチンの生物活性に関する研究
Show all
Papers (40):
more...
MISC (6):
Books (2):
  • 大豆のすべて
    サイエンスフォーラム 2010 ISBN:9784916164988
  • 生物機能の新展開-人類の生存をかけて-「生理活性タンパク質の分子認識機構の解析」
    日本食品出版(株) 2000 ISBN:4930883121
Lectures and oral presentations  (65):
  • 小孔形成レクチンを用いた新規細胞傷害性機能分子の構築に関する研究
    (第19回日本蛋白質科学会年会 第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 2019)
  • 小孔形成レクチンCEL-IIIの活性制御機構の導入に関する研究
    (日本蛋白質科学会(朱鷺メッセ(新潟)) 2018)
  • 海産無脊椎動物グミ由来新規レクチンの分離精製とその特徴付け
    (日本農芸化学会大会(名城大学) 2018)
  • アピオス塊茎由来Kunitz型プロテアーゼインヒビターの分離精製、性質とcDNA クローニング
    (生命科学系学会合同年次大会(神戸ポートアイランド) 2017)
  • 多重変異導入による溶血性レクチンCEL-IIIの溶血活性の向上
    (日本蛋白質科学会(あわぎんホール(徳島)) 2015)
more...
Education (1):
  • - 1991 Kyushu University Department of Agricultural Chemistry
Professional career (1):
  • 博士(農学) (九州大学)
Work history (5):
  • 2016/04/01 - 茨城大学農学部教授
  • 2006/04/01 - 2016/03/31 茨城大学農学部准教授
  • 2003/04/01 - 2006/03/31 Associate Professor, College of Agriculture, Ibaraki University
  • 2000/04/01 - 2003/03/31 Reseach Associate, Faculty of Agriculture, Graduate School, Kyushu University
  • 1996/04/01 - 2000/03/31 Reseach Associate, Faculty of Agriculture, Kyushu University,
Association Membership(s) (4):
日本食品科学工学会 ,  日本生化学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本農芸化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page