Rchr
J-GLOBAL ID:200901087519601458   Update date: Sep. 09, 2019

Fujimoto Koji

フジモト コウジ | Fujimoto Koji
Affiliation and department:
Job title: Others
Research field  (1): International law
Research keywords  (9): Right to enjoy own culture ,  ジェンダー ,  表現の自由 ,  自由権 ,  国際人権法 ,  国際法 ,  HRC ,  Civil and Political Rights ,  ICCPR
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2022 文化享有権の多層性の検討
  • -
Papers (13):
  • FUJIMOTO Koji. An Introductory Consideration of the Case of the order to sing the National Anthem in the light of International Human Rights Law. KANAGAWA LAW REVIEW. 2019. 51. 3. 173-201
  • FUJIMOTO Koji. Examination of Liberal Democratic Party’s “Draft for the Amendment of the Constitution of Japan” in the light of International Law and Standards. INTERNATIONAL PUBLIC POLICY STUDIES. 2018. 23. 1. 21-34
  • 藤本 晃嗣. 在留国で家族を形成した外国人に対する退去強制と自由権規約. 『黒澤満先生古希記念安全保障論』信山社. 2015. 457-480
  • FUJIMOTO Koji. Public's Right to Information in International Human Rights Law-From the Perspective of State's Positive Obligation. Human Rights International. 2013. 24. 22-27
  • メルボルン事件・コメント-自由権規約個人通報No. 1154/2003 2006年11月15日決定. 国際人権. 2008. 19. 112-116
more...
MISC (13):
  • 差別的発言を伴う示威行動とその映像公開が人種差別にあたるとされた事例. 速報判例解説(新・判例解説Watch). 2014. 15. 335-338
  • 在日コリアン高齢者の年金問題と国際人権規約. 速報判例解説(新・判例解説Watch ). 2012. 11. 315-318
  • 外国人研修生・技能実習生の処遇(1名古屋高等裁判所2010(平成22)年3月25日判決・労判1003号5頁、2福岡高等裁判所2010(平成22)年9月13日判決・労判1013号6頁). 国際人権. 2011. 22. 155-158
  • 表現の自由の行使として、違法性を伴う調査活動とその成果の公表が認められるかどうかが争われた事例(青森地方裁判所平成22年9月6日判決). 速報判例解説. 2011. 9. 331-334
  • 退去強制令書発付処分取消等請求事件(大阪地裁平成21年(行ウ)第119号)弁護側意見書. 甲46号証(大坂地方裁判所). 2010
more...
Books (4):
  • 資料で考える憲法
    法律文化社 2018
  • メルボルン事件個人通報の記録
    現代人文社 2012
  • 国際人権規約と国内判例
    解放出版社 2004
  • International Covenant on Human rights and Japanese Judicial Precedents
    Buraku Liberation Publishing House 2004 ISBN:4759264175
Lectures and oral presentations  (5):
  • 外国人実習生県内で増加-人権に配慮し制度構築を
    (新潟日報記事 2018)
  • 特集「介護職で働く外国人の受け入れ大幅増 その現状と課題」
    (テレビ新潟 インタビュー 2016)
  • 難民の受け入れと多文化共生社会
    (市民大学講座 2015)
  • the public's right to information in the International Human Rights Law
    (the International Human Rights Law Association 2012)
  • The Melbourne Case (CCPR, Communication No. 1154/2003), Comment
    (the International Human Rights Association 2007)
Education (3):
  • 1999 - 2004 大阪大学大学院 博士後期課程
  • 1997 - 1999 大阪大学大学院 博士前期課程
  • 1993 - 1997 Kyoto University
Work history (4):
  • 2010/04 - 現在 Keiwa College Faculty of Humanities, Department of Intercultural Studies
  • 2015/08 - 2015/09 ヨーク大学(カナダ・トロント市)難民研究センター 客員研究員
  • 2006/04 - 2010/03 Keiwa College Faculty of Humanities, Department of Intercultural Studies
  • 2004/04 - 2006/03 Osaka University Osaka School of International Public Policy
Committee career (7):
  • 2018/09 - 現在 聖籠町 聖籠町人権教育・啓発推進計画策定委員会 委員長
  • 2016/05 - 現在 新発田市入札監視委員会 委員
  • 2014/04 - 現在 新発田市建築審査会 委員
  • 2012/06 - 現在 聖籠町男女共同参画計画策定委員会 委員長
  • 2006/04 - 現在 新発田市情報公開・個人情報保護審査会 委員
Show all
Association Membership(s) (5):
国際公共政策学会 ,  日本平和学会 ,  国際人権法学会 ,  世界法学会 ,  国際法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page