Rchr
J-GLOBAL ID:200901087624745392   Update date: Aug. 27, 2020

Kojima Shuichi

コジマ シユウイチ | Kojima Shuichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Biochemistry ,  Molecular biology ,  Structural biochemistry
Research keywords  (2): 蛋白質 ,  Protein
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2009 - 抗生物質の生合成に関わる酵素の構造と機能に関する研究
  • 1996 - Relationship of the protease inhibitor and molecular chaperon activities in the propeptides
  • 1996 - プロペプチドおよびプロテアーゼインヒビターによる蛋白質の立体構造形成補助作用に関する研究
  • 1989 - Synthesis and Characterization of α-Helix-forming Peptide
  • 1989 - αヘリックス形成ペプチドによる集合体形成の分子機構に関する研究
Show all
MISC (157):
Books (22):
  • 廣川タンパク質化学 第7巻 制御タンパク質-インヒビター 36ズブチリシンインヒビター-(共著)
    廣川書店 2002
  • プロペチドおよびプロテアーゼによるプロテアーゼのフォールディング
    蛋白質・核酸・酵素 2001
  • プロテアーゼのプロペプチドの二面性:インヒビターおよび分子シャペロン
    バイオサイエンスとインダストリー 1998
  • シリーズ分子生物学6 構造生物学 4.6 プロテアーゼとインヒビター
    朝倉書店 1998
  • バイオテクノロジー教科書シリーズ9 蛋白質工学概論 (共著)
    株式会社 コロナ社 1995
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • L-アミノ酸連結酵素YwfEの基質認識様式
    (第85回日本生化学会大会 2012)
  • L-アミノ酸連結酵素の結晶構造解析
    (第11回日本蛋白質科学会年会 2011)
  • 抗生物質バチライシン生合成酵素の結晶構造解析
    (第84回日本生化学会大会 2011)
  • 銅イオンポンプのドメイン間相互作用
    (第82回日本生化学会大会 2009)
  • 分子内シャペロンとしてのPOIA1
    (第7回日本蛋白質科学会年会 2007)
more...
Education (6):
  • - 1989 The University of Tokyo
  • - 1989 The University of Tokyo Department of Industrial Chemistry
  • - 1986 Chiba University
  • - 1986 Chiba University Department of Chemistry
  • - 1984 Chiba University Department of Chemistry
Show all
Professional career (3):
  • (BLANK) (The University of Tokyo)
  • (BLANK) (Chiba University)
  • 工学博士 (東京大学)
Work history (6):
  • 1991 - 2007 :学習院大学理学部助教授
  • 1991 - 2007 :Associate Professor, Faculty of Science, Gakushuin University
  • 2007 - -:学習院大学理学部教授
  • 2007 - -:Professor, Faculty of Science, Gakushuin University
  • 1989 - 1991 :東京大学工学部助手
Show all
Association Membership(s) (4):
日本化学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生化学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page