Rchr
J-GLOBAL ID:200901087869653892   Update date: Apr. 25, 2021

SATOH Masahiro

サトウ マサヒロ | SATOH Masahiro
Affiliation and department:
Job title: Chief Researcher
Research field  (11): Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Animal production science ,  Animal production science ,  Animal production science ,  Animal production science ,  Genetics ,  Applied mathematics and statistics ,  Basic mathematics ,  Algebra
Research keywords  (2): 家畜育種 ,  Animal Breeding and Genetics
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2018 - 2022 比の形質を改良するための改良目標型選抜法の適用と育種効率の検証
  • 2016 - 2021 国産豚肉差別化のための「おいしさ」の評価指標と育種改良技術及び飼養管理技術の開発
  • 2015 - 2020 家畜の生涯生産性向上のための育種手法の開発
  • 2015 - 2018 SNP情報を利用した改良目標型選抜法の開発と豚における育種効率の検証
  • 2016 - 2017 SNP情報を用いた乳用牛の乳質改良に関する研究
Show all
Papers (163):
  • Ogawa, S, Yazaki, N, Ohnishi, C, Ishii, K, Uemoto, Y, Satoh, M. Impact of maternal effect on body measurement and meat production traits in purebred Duroc pigs. Journal of Animal Breeding and Genetics. 2021. 138. 2. 273-245
  • Response to selection for maximizing component characters with no change in proportion-defined character: An example of selection for milk fat percentage. 2021. 92. 1. 35-39
  • Shinichiro Ogawa, Masahiro Satoh. Random Regression Analysis of Calving Interval of Japanese Black Cows. Animals. 2021. 11. 1. 202-202
  • Ogawa, S, Yazaki, N, Ohnishi, C, Ishii, K, Uemoto, Y, Satoh, M. Genetic relationship between litter size traits at birth and body measurement and production traits in purebred Duroc pigs. Animal Science Journal. 2020
  • Ogawa, S, Satoh, M. Relationship between litter size at birth and within-litter birth weight characteristics in laboratory mice as pilot animal for pig. Animal Science Journal. 2020. 91. e13488.
more...
MISC (67):
more...
Books (10):
  • 養豚用語辞典
    株式会社創文 2019
  • いま日本の「農」を問う 農業は、おもしろい! 第8巻 日本畜産業の現在と将来
    ミネルヴァ書房 2015
  • 最新 畜産ハンドブック
    講談社サイエンティフィック 2014
  • A brief history of the Japanese Society of Animal Science (JSAS) and recent achievements published in the official journal of the JSAS: In Animal Production and animal science worldwide
    Wageningen Academic Publishers 2009
  • 変量効果の推定とBLUP法
    京都大学学術出版会 2007
more...
Lectures and oral presentations  (357):
  • 黒毛和種繁殖雌牛の生涯当たりの利益関数作成の試み
    (日本畜産学会第128回大会 2021)
  • ブタ育種集団における血縁関係の程度と育種価の予測精度との関連性
    (日本畜産学会第128回大会 2021)
  • ゲノミック評価法による豚の繁殖形質の育種価推定精度および遺伝的改良量
    (日本畜産学会第128回大会 2021)
  • ブタパターン認識受容体遺伝子型と抗病性関連形質との関連性
    (日本畜産学会第128回大会 2021)
  • マウスにおける3週齢および8週齢体重と産子数および産子体重に関する形質との遺伝的関連性
    (日本畜産学会第128回大会 2021)
more...
Education (2):
  • - 1985 Tohoku University
  • - 1983 Tohoku University
Professional career (1):
  • 農学博士 (東北大学)
Work history (9):
  • 2015 - 現在 Tohoku University Graduate School of Agricultural Science
  • 2007 - 2015 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 上席研究員
  • 2006 - 2007 (独)農業生物資源研究所 上席研究員
  • 2002 - 2006 (独)農業生物資源研究所 チーム長
  • 2001 - 2002 (独)農業生物資源研究所 主任研究員
Show all
Committee career (28):
  • 2021 - 現在 公益社団法人 日本畜産学会 理事長
  • 2021 - 現在 日本養豚学会 編集委員会委員
  • 2017 - 現在 独立行政法人家畜改良センター 資料利用性等の検定手法開発に係わる検討会委員
  • 2016 - 現在 日本養豚学会 理事
  • 2016 - 現在 宮城県 肉用牛改良委員会委員
Show all
Awards (3):
  • 2010 - 日本養豚学会賞丹羽賞(学術賞) 「豚における遺伝的能力の推定精度の向上に関する研究」
  • 2005 - 日本畜産学会賞 「閉鎖群育種集団における遺伝的能力の改良に関する研究」
  • 1993 - 日本畜産学会奨励賞 「多形質のアニマルモデルによる豚の繁殖能力の改良に関する基礎的研究」
Association Membership(s) (3):
日本養豚学会 ,  日本動物遺伝育種学会 ,  日本畜産学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page