Rchr
J-GLOBAL ID:200901088111244009   Update date: Nov. 30, 2020

Hiratsuka Maki

ヒラツカ マキ | Hiratsuka Maki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
  • Hosei University  Faculty of Social Sciences, Department of Sociology   Director, Office of the President
  • Hosei University  Graduate School, of Sociology   Professor
Research field  (1): Education - general
Research keywords  (16): Citizenship education ,  School Democracy ,  Social Capital ,  Youth Work ,  Youth Transitions ,  Youth Policy ,  Educational Policy ,  シティズンシップ ,  民主主義的学校 ,  NPO ,  社会関係資本 ,  自立支援 ,  ユースワーク ,  若年移行期 ,  若者支援政策 ,  教育政策
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2016 - 2020 若者支援における「場」の教育的価値~ユースワークの日欧比較
  • 2012 - 2016 若者支援政策の評価枠組み構築に向けた日欧比較研究~「社会的教育学」援用の可能性
  • 2008 - 2012 二極化する若年移行期と若者支援政策の日欧比較~社会関係資本に着目して
  • 2005 - 2008 移行期の社会参加支援システム構築に向けた政策的課題の究明
Papers (36):
  • 「学校からの排除」への行政的関与~欧州における「学校からのドロップアウト削減政策」の試み. 日本教育行政学会年報. 2014. 40. 184-187
  • なにが若者支援か~日欧の比較~. 教育. 2012. 794. 14-22
  • EUにおける若者政策の研究動向. 教育政策学会年報. 2010. 17. 168-174
  • 若者たちの社会関係と背景・経歴. 「若者の教育とキャリア形成に関する調査」第2回調査結果報告書. 2010. 92-105
  • 欧州における若者政策をめぐる論争軸. 人間と教育. 2009. 64. 98-105
more...
MISC (23):
  • ヨーロッパにおける若者支援の現段階~フィンランドに焦点をあてて 第1回 就学と就労を支える公的制度. 高校のひろば. 2011. 82. 36-39
  • ユースワークの現場を訪ねて2 フィンランドにおける学校とユースワークの合同事業. 高校生活指導. 2008. 179. 104-107
  • ユースワークの現場を訪ねて1 英国バーミンガムから. 高校生活指導. 2008. 178. 102-105
  • 若者の移行期をめぐるインフォーマルなネットワーク ~人生の経歴における資源か 社会的不平等の再生産か?(抄訳). 教育. 2006. 722. 69-76
  • ”不安定で危うい”人生軌道のあらたな出現にどう対峙するか. 高校生活指導. 2006. 168. 14-21
more...
Books (25):
  • 若者支援の場をつくる
    Kindle版,amazon.com 2019
  • 危機のなかの若者たち-教育とキャリアに関する5年間の追跡調査
    東京大学出版会 2017 ISBN:9784130513371
  • Handbook of Children and Youth Studies
    Springer 2015
  • そろそろ「社会運動」の話をしよう
    明石書店 2014
  • 若者の居場所と参加
    東洋館出版社 2012
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • A Study on social support system of youth support workers as professionals : Analysis of youth workers/social pedagogues in the UK, Finland, and Denmark
    (The 78th Annual Conference of Japanese Educational Research Association 2019)
  • How do we explore and present outcomes and significance of youth work?
    (Transformative Youth Work International Conference 2018)
  • Story Telling’ in the UK & Japan
    (Transformative Youth Work International Conference 2018)
  • Precarious transitions in Japan
    (New agendas in youth and young adulthood conference 2013)
  • The Transformation of Youth Transitions in Japan ~Double-sided ‘Freeters
    (7th International Conference on Researching Work and Learning 2011)
more...
Education (2):
  • 1986 - 1990 The University of Tokyo Course of Educational Administration
  • 1986 - 1990 The University of Tokyo Course of Educational Administration
Professional career (1):
  • Master of Education (The University of Tokyo)
Work history (18):
  • 2014/10/01 - 2015/03/31 九州大学 人間環境学府 非常勤講師
  • 2014/10/01 - 2015/03/31 九州大学 人間環境学府 非常勤講師
  • 2014/04/01 - 2014/09/30 北海道大学 教育学研究科 非常勤講師
  • 2014/04/01 - 2014/09/30 北海道大学 教育学研究科 非常勤講師
  • 2010/04/01 - 2011/03/31 Faculty of Education, Tohoku University, Part-time lecturer 教育学部 非常勤講師
Show all
Committee career (7):
  • 2011/08/01 - 2016/07/31 日本教育学会 理事
  • 2010/10 - 2013/09/30 日本教育行政学会 研究推進委員
  • 2004/10 - 2006/10 唯物論研究協会 運営委員
  • 1999/10 - 2001/10 日本教育行政学会 監査
  • 1993/01/01 - 日本教育社会学会 会員
Show all
Association Membership(s) (6):
日本教育法学会 ,  日本教育学会 ,  日本教育行政学会 ,  教育科学研究会 ,  日本教育社会学会 ,  唯物論研究協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page