Rchr
J-GLOBAL ID:200901089585383189   Update date: Aug. 26, 2019

Yohena Shoko

ヨヘナ ショウコ | Yohena Shoko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Research field  (3): Foreign language education ,  Clinical psychology ,  Linguistics
Research keywords  (6): interaction ,  Discourse analysis ,  Narrative Therapy ,  Coaching ,  社会言語学 ,  Sociolinguistics
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • ナラティブとアイデンティティ
  • 絵本と子供のインタラクション
  • 談話分析 医療現場におけるコミュニケーション
  • 談話分析 高齢者とことば
  • 談話分析 ジェンダーとことば
Show all
Papers (10):
  • YOHENA Shoko. The social contexts reflected in "why-questions" in a narrative therapy. Ferris Studies. 2019. 54. 133-152
  • 饒平名 尚子. 会話のスタイルとコーチング - 「後押し感」と「寄り添い感」に関する社会言語学的談話分析. アカデミック・コーチング研究. 2018. 創刊準備号. 18-35
  • 饒平名 尚子. 大学教育におけるコーチングと言語学の接点を考えるー「あいづち」を例にしてー. フェリス女学院大学文学部紀要. 2016. 50. 207-225
  • 饒平名 尚子. ナラティヴ・セラピーにおける間テキスト性とスモール・ストーリーーアイデンティティ形成への影響. ことばと人間. 2015. 10. 39-56
  • 饒平名 尚子. あるナラティブ・セラピーにおけるセラピストの立場と語りへの影響. フェリス女学院大学文学部紀要. 2014. 49. 61-85
more...
MISC (6):
  • 聖書翻訳と省略-新共同訳とリビング・バイブルをめぐって-. 欧米文化の背景とキリスト教. 2004. 第6号, 34-52
  • 言わないことの言語学. フェリス女学院大学文学部英文学会会誌. 2002. 35, 1-12
  • Participants roles and floor management in Japanese English Bilingual conversations. Ferris studies. 2002. 37, 93-110
  • Repair of ellipsis in Japanese married Couples' Conversations. Proceedings of SLS. 1998. 12. 17-34
  • Ellipsis in Japanese Conversational Discourse. Ph. D. dissertation, Georgetown University. 1994
more...
Books (6):
  • 英語圏の世界を知る-文学・歴史・社会・芸術・言語
    翰林書房 2010
  • 言わなかったことば-沈黙もコミュニケーションー
    フェリス女学院大学フェリスブックス 2005
  • 談話分析ワークブック 編著
    DTP出版 2004
  • Conversational styles and ellipsis in Japanese couples' conversations.
    Discourse and silencing John Benjamins Publishing Company 2003
  • Conversational styles and ellipsis in Japanese couples' conversations.
    Discourse and silencing John Benjamins Publishing Company 2003
more...
Lectures and oral presentations  (18):
  • Respecting a young client: Power, Race and Telling stories in a court-ordered narrative therapy
    (International Pragmatics Association 2019)
  • ナラティヴとコーチング
    (アカデミック・コーチング学会 2018)
  • Narratives and the Interactive Nature of Coaching Discourse in Japanese
    (Georgetown University Round Table on Languages and Linguistics 2018)
  • コーチングを探求するツールを増やす:談話分析の視点から考えよう
    (2017年度第2回アカデミックコーチング学会サロン 2017)
  • Power, race and communicative styles in cross-ethnic narrative therapy
    (International Pragmatics Association 2017)
more...
Works (2):
  • 大学生の日常言語生活に関する記述的・社会言語学的、言語教育学的研究
    2003 -
  • Sociolinguistic Studies on Japanese University Student's languageuse
Education (2):
  • 1990 - 1994 Georgetown University Sociolinguistics
  • 1985 - 1987 California State University, Northridge
Professional career (2):
  • Ph.D(Linguistics) (Georgetown University)
  • M.A.(Linguistics) (California State University, Northridge)
Work history (16):
  • 2018/09 - 現在 慶応義塾大学 看護医療学部 非常勤講師
  • 2009/04 - 現在 Ferris University Faculty of Letters
  • 2007/04 - 2009/03 Ferris University Faculty of Letters, Department of English Literature
  • 2001/04 - 2007/03 Ferris University Faculty of Letters, Department of English Literature
  • 1997 - 1999 Keisen University
Show all
Committee career (5):
  • 2019/01 - 現在 支援対話学会 学術顧問
  • 2017/04 - 現在 言語と人間研究会(HLC) 役員
  • 2017/04 - 現在 社会言語科学会 編集委員
  • 2015/09 - 現在 アカデミック・コーチング学会 理事
  • 2014/05 - 2018/12 日本聖書翻訳者協会 新翻訳事業日本語翻訳者
Association Membership(s) (8):
HLC ,  Academic Coaching Association ,  International Pragmatics Association ,  JAPANESE ASSOCIATION OF QUALITATIVE PSYCHOLOGY ,  日本語用論学会 ,  日本英語学会 ,  日本言語学会 ,  社会言語科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page