Rchr
J-GLOBAL ID:200901089762077719   Update date: Oct. 27, 2020

Matsuda Sae

マツダ サエ | Matsuda Sae
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Foreign language education
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2016 - 2019 多読・多聴・多話活動が理系学生のスピーキング力に与える影響の実証的研
  • 2010 - 2013 多読が情意面および学習面に与える影響-日記研究
Papers (28):
  • Sae Matsuda, Makoto Imura, Noriko Nakanishi. Encouraging L2 Science Majors to Talk Using L1 Readers. Proceedings of the Fourth World Conference on Extensive Reading. 2018. 145-154
  • 松田早恵. 繊細なテーマを含む『ウォールフラワー』を用いた授業実践報告. 映画英語教育研究. 2018. 23. 41-54
  • Sae Matsuda, Sanborn Brown. Raising a Biliterate Child in Japan: A Case Study of a Bicultural Family. Proceedings of the 3rd World Congress on Extensive Reading. 2016
  • 松田 早恵. 『アイ・アム・サム』の中の絵本と米国の識字教育. 映画英語教育研究. 2015. 20. 149-164
  • 松田 早恵. 検閲を受けた「かいじゅうたち」. 映画英語教育研究. 2014. 19. 31-43
more...
MISC (3):
  • 松田 早恵. 基礎ゼミナールII(児童文学作品を1冊読み切る). 高等教育における英語授業の研究 実践事例を中心に. 2007. 234-235
  • 松田 早恵. プレゼミナールI(地球市民としての自己表現力・態度を養う). 高等教育における英語授業の研究 実践事例を中心に. 2007. 192-193
  • 松田 早恵. Raising a Miracle Child Part I. Bilingual Japan. 2001. 10. 5. 8-10
Books (11):
  • 応用言語学の最前線-言語教育の現在と未来
    金星堂 2017
  • English on Screen: Learning Real English through Erin Brockovich
    Kinseido 2015
  • 見て学ぶアメリカ文化とイギリス文化
    近代映画社 2012
  • 第1回映画英語アカデミー賞
    スクリーンプレイ 2012
  • 【JACET英語教育学大系第8巻】英語研究と英語教育-ことばの研究を教育に活かす
    大修館書店 2010
more...
Lectures and oral presentations  (50):
  • Sharing Reading Experiences with University Students Using Goodreads
    (The Fifth Extensive Reading World Contress 2019)
  • Authenticating In-class Activities Using Multi-media
    (第16回映像メディア英語教育学会西日本支部大会 2019)
  • RepetitiveIinput and Output Practice Using Children’s Books: Will Reading Practice Transform Speaking Ability?
    (Cambodia TESOL 2019)
  • The Effect of Oral Reading Practice Using L1 Leveled Readers on the Speaking Ability of Science Majors
    (大学英語教育学会関西支部大会 2018)
  • アカデミックレクチャー動画を用いた英語での授業実践報告
    (第24回映像メディア英語教育学会全国大会 2018)
more...
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page