Rchr
J-GLOBAL ID:200901090186560660   Update date: Apr. 03, 2021

Kurosaka Noriko

クロサカ ノリコ | Kurosaka Noriko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): New fields in law
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2019 - 2023 日米の土地環境問題における土地所有者の責任と地方自治体の役割
  • 2016 - 2019 日米における土地利用をめぐる環境規制のあり方
MISC (74):
  • 黒坂則子. 墓地経営不許可処分取消等請求事件-東京高判平成29年8月9日. 環境法研究. 2020. 45. 85-94
  • 黒坂 則子, 森田 崇雄. 全体の動向 : 最近の重要環境判例 (特集 最近の重要環境判例)(共著:森田崇雄). 環境法研究. 2020. 45. 5-13
  • 黒坂則子. 太陽光発電設備の設置をめぐる裁判例の動向. 日本不動産学会誌. 2020. 34. 2. 95-100
  • 黒坂則子. 最近の不動産関係判例の動き<公法>. 日本不動産学会誌. 2020. 33. 4. 115
  • 黒坂則子. 公文書部分公開決定処分取消等請求事件. 判例地方自治. 2020. 456. 11-14
more...
Books (8):
  • 地方自治法入門〔増補版〕
    2018
  • 地方自治法入門
    2016
  • 確認行政法用語230〔第2版〕
    成文堂 2016
  • 環境法のフロンティア
    成文堂 2015
  • 深刻化する土壌汚染
    世界思想社 2011
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 土砂条例をめぐる近年の動向
    (日本土地環境学会2019年研究発表会(於明海大学) 2019)
  • 土砂埋立て等の規制に関する条例の現状と課題
    (日本環境学会第43回大会(於北海学園大学) 2017)
  • アメリカの土壌汚染問題-スーパーファンド法とブラウンフィールド政策を中心に-
    (日本地方自治学会2012年度研究会(於関西大学) 2012)
  • 改正土壌汚染対策法施行後の調査現場の現状と課題
    (自然由来重金属類評価研究会主催シンポジウム「環境法の視点から」 2012)
  • 環境管理リスク手法-土壌汚染リスクを例として-
    (日本公共政策学会2009年度研究大会(於龍谷大学) 2009)
more...
Professional career (1):
  • 修士(法学) (同志社大学)
Work history (3):
  • 2015/04 - 現在 Doshisha University Faculty of Law
  • 2009/04 - 2015/03 Doshisha University Faculty of Law
  • 2006/04 - 2009/03 Kobe Gakuin University The Faculty of Law
Committee career (31):
  • 2020/02 - 現在 大津市特定旅館建築審議会委員
  • 2016/08 - 現在 大阪市 路上喫煙対策委員会委員
  • 2016/06 - 現在 京都市 廃棄物処理施設設置等検討会議委員
  • 2015/09 - 現在 大阪府 公害審査会委員
  • 2014/06 - 現在 大阪府 環境審議会委員
Show all
Association Membership(s) (8):
日本土地環境学会 ,  日米法学会 ,  JAPAN SOCIETY OF COMPARATIVE LAW ,  THE JAPAN ASSOCIATION FOR REAL ESTATE SCIENCES ,  JAPAN ASSOCIATION ON THE ENVIRONMENTAL STUDIES ,  JAPAN ASSOCIATION FOR THE STUDY OF LOCAL GOVERNMENT ,  JAPAN ASSOCIATION FOR ENVIRONMENTAL LAW AND POLICY ,  JAPAN PUBLIC LAW ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page