Rchr
J-GLOBAL ID:200901090765235151   Update date: Nov. 17, 2018

Tanaka Hiroshi

タナカ ヒロシ | Tanaka Hiroshi
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (3): History - Japan ,  Economic history ,  History - Japan
Research keywords  (7): 財政(室町幕府、寺社、貴族) ,  金融(利子率、貸借契約など) ,  貨幣 ,  日本経済史 ,  日本中世史 ,  Japanese Economic History ,  Japanese Medieval History
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 日本中世経済史の研究
  • A Study on the Medieval Japanese History
Papers (14):
  • 田中 浩司. 中世後期の寺院と「檀那」の関係について. 函館大学論究. 2014. 45. 125-142
  • 田中 浩司. 中世後期の貸借・質物と富. 井原今朝男編『生活と文化の歴史学3 富裕と貧困』所収. 2013. 245-272
  • 田中 浩司. 中世後期の「財産」とたからもの-その具体相と意識をめぐって. 小野正敏ほか編『中世人のたからもの』所収、高志書院. 2011. 55-78
  • 貨幣流通からみた一六世紀の京都. 鈴木公雄編『貨幣の地域史』所収、岩波書店. 2007. 83-124
  • 十六世紀の京都大徳寺をめぐる貨幣について. 竹貫元勝博士還暦記念論文集『禅とその周辺学の研究』所収、永田文昌堂. 2005. 663-678
more...
MISC (2):
  • 田中 浩司. 全国の大学コンソーシアムの展開とキャンパス・コンソーシアム函館の位置ー一つの記録として-. 函館大学論究. 2016. 47. 259-292
  • TANAKA Hiroshi. The Results and Possibilities of University Extension HAKODATE-GAKU(函館学):Area Study HAKODATE by Consortium HAKODATE. 2012. 43. 69-103
Books (1):
  • 函館志海苔出土銭と中世貨幣史研究(キャンパス・コンソーシアム函館 合同公開講座「函館学」2012 ブックレット)
    キャンパス・コンソーシアム函館 2014
Lectures and oral presentations  (3):
  • 大学が、人、企業・団体、高校、街をつなげる ~キャンパス・コンソーシアム函館(CCH)の取り組み~
    (第15回全国大学コンソーシアム研究交流フォーラム 第4分科会 2018)
  • 室町・戦国期の京都の金融の実態と徳政令
    (歴史学会 第42回大会 自由論題報告 2017)
  • 函館志海苔出土銭と中世貨幣史研究
    (キャンパス・コンソーシアム函館 合同公開講座「函館学2016」 2012)
Education (2):
  • - 1995 Chuo University
  • - 1995 Chuo University
Professional career (1):
  • (BLANK) (Chuo University)
Work history (5):
  • 2011/04 - 現在 Hakodate University Department of Commerce
  • 2002/04 - 2011/03 Hakodate University Department of Commerce
  • 1998/04 - 2002/03 Hakodate University Department of Commerce
  • 1996/04 - 1998/03 Chuo University Faculty of Letters
  • 1995/04 - 1996/03 開成中学校 非常勤講師
Committee career (2):
  • 1998/07 - 現在 中央史学会 評議員
  • 1992 - 1998 歴史学会 理事
Association Membership(s) (5):
中央史学会 ,  日本古文書学会 ,  歴史学会 ,  日本史研究会 ,  史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page