Rchr
J-GLOBAL ID:200901090876012380   Update date: Nov. 04, 2020

Hori Mariko

Hori Mariko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (5): Philosophy and ethics ,  Gender studies ,  Aesthetics and art studies ,  History - General ,  Literature - British/English-languag
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • - 現在 英米の現代演劇にみられるジェンダーとエスニシティの問題について
  • - 現在 社会的背景と演劇との関わりについて
  • - 現在 十九世紀以降の英米の劇作家の諸作品を、その背景となる英米仏およびアイルランドの文化、社会、思想に照らしながら研究、考察する。とくに、観客論や演出理論等の演劇理論を念頭に置いて、それらの劇作品が今日舞台化される意義や将来の舞台化の可能性も考えながら、女性研究者、日本人研究者の視点から新しい演劇理論を構築していきたい。
  • - 現在 サミュエル・ベケットと日本について
Papers (32):
  • Hamm's Ambivalence in ENDGAME, a Post-catastrophe Play. 青山経済論集. 2019. 71. 3
  • Theatre of Ghosts and the Other under the Threat of Mass Death: Some Ethical Thoughts on Plays of Genocide. 青山経済論集. 2019. 70. 4. 3-12
  • Mariko Hori Tanaka, s, Llewellyn Brow. Post-Apocalyptic Reading of Silence in Samuel Beckett’s Textes pour rien. 2018. 6. 101-124
  • Velina Hasu Houston. ’A Study of Adaptation’. 経済研究. 2016. 8. 57-70
  • "Let Us Not Forget the War": Moira Buffini's Welcome to the Thebes and Velina Hasu Houston's The Intuition of Iphigenia. 青山スタンダード論集. 2015. 10. 243-263
more...
Books (30):
  • <I>Samuel Beckett as World Literature</I>
    Bloomsbury 2020
  • 反逆者たちのアメリカ文化史
    春風社 2019
  • <I>Samuel Beckett and trauma</I>
    Manchester University Press 2018
  • 『英米文学に描かれた時代と社会 - シェイクスピアからコンラッド、ソロー』
    悠光堂 2017
  • <I>Revised WAITING FOR GODOT: Beckett as Director</I>
    Fujiwara Shoten 2017
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • Hamm's Ambivalence in ENDGAME, a Post-catastrophe Play
    (Samuel Beckett Working Group at IFTR annual conference 2019)
Works (10):
  • (翻訳)Houston,Velina Hasu「広島よアフロディテよ-女と影」
    2008 -
  • (翻訳)Timberlake Wertenbaker <i>Our Country's Good</i> (上演台本)
    2003 -
  • (翻訳)ジェイムズ・ノウルソン 『ベケット伝』
    高橋康也, 井上善幸, 岡室美奈子, 田尻芳樹, 森 尚也 2003 -
  • (研究批評)「作品に忠実な舞台とはなにか-『演出家』サミュエル・ベケットへの挑戦-」
    2003 -
  • 『ロンドン事典』 (蛭川久康, 櫻庭信之, 定松 正, 松村昌家, P.スノードン編)
    2002 -
more...
Education (4):
  • 1991 - 1992 ロンドン大学 M.A.取得・修了
  • 1982 - 1985 Aoyama Gakuin University
  • 1979 - 1981 Aoyama Gakuin University
  • 1975 - 1979 Aoyama Gakuin University
Professional career (2):
  • 文学修士 (青山学院大学)
  • M.A. (ロンドン大学)
Work history (3):
  • 1997/04/01 - 現在 College of Economics College of Economics Professor
  • 1990/04/01 - 1997/03/31 College of Economics College of Economics
  • 1986/04/01 - 1990/03/31 College of Economics College of Economics
Awards (3):
  • 2018/11 - 水戸芸術館 吉田秀和賞
  • 2018/06 - 日本演劇学会 河竹賞奨励賞
  • 2007/11 - 学校法人青山学院 青山学院学術褒賞 『ベケット巡礼』(三省堂)
Association Membership(s) (8):
日本演劇学会 ,  International Federation of Theatre Research ,  Samuel Beckett Society ,  西洋比較演劇研究会(日本演劇学会) ,  IASIL(国際アングロ・アイリッシュ文学会) ,  Eugene O'Neill Society ,  日本英文学会 ,  日本アメリカ文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page